運命の人だと思った人が結婚してた…既婚者を好きになるスピリチュアルな意味

運命の人だと思った人が結婚してた…そのスピリチュアルな意味既婚者を好きになってしまった方へ。

やっとめぐり会えたと思う人がすでに既婚者であったという方。運命の人であれば、なぜスムーズに結ばれることができないのか悩んでいるということはありませんか?

その人は、今は結ばれる時期ではないだけの、確かに運命の人の場合もあります。一方、運命の人と思い込んでいるだけで、自分の潜在意識の中から引き寄せてしまっただけの相手であるケースも考えられます。その2つの場合をしっかり判断しなければなりません。

ライター Kasumisou-
ライター Kasumisou-

本記事では、運命の人なのかそうでないかを見極めるためにも、運命の人だと思った好きな人が既婚者だった、そのスピリチュアルな意味についてご紹介いたします。

当たる占い師_月乃雫(つきのしずく)

運命の人とは

結婚 カップル 夫婦 幸せ 希望 結婚式

運命の人とは、スピリチュアルの世界では、今の自分の魂レベルで引き寄せた相手であり、自分の魂を成長させるために出会う人です。

運命の人は、今世に自分がどんなことをしたいと思ってやってきた魂なのかによって、その特徴は異なってきます。その使命を果たすために必要なことに気付かせてくれる、学ばせてくれる人は全て運命の人と考えることが出来ます。

自分自身をしっかり見つめることができると、自分だけのぴったりとはまった運命の人と出会うことができます。

運命の人の16の特徴を分かりやすく解説致します
運命の人の特徴が知りたい方へ。1人ひとりに運命の人は存在しているのに、実際は気づくことなくすれ違っていたり、目の前にいても、交際するに至らなかったりしているとしたら、幸せを先送りにしてしまっているかもしれません。今回は、運命の人の特徴をご紹介します。
運命の人が現れる時に起きる8の前兆
運命の人が現れる前兆を知りたい方へ。運命の人が現れる前に、その時期を自分で気づくことができたなら、チャンスを掴むことも可能です。今回は、運命の人が現れる時に起きる前兆についてご紹介します。

偽物の運命の人とは

カップル 夫婦 喧嘩 ベッド 別れ話

偽物の運命の人は、簡単に運命の人だという感情が生まれる傾向があり、自分にとって都合の良い相手ということになります。

現世に肉体を持ってやってきた魂は、未熟な部分を成長・浄化させるための出来事に出会うことになります。そのために、単に自分の思い通りになる人が運命の人ということではありません。

表面的に意識できる部分だけで、恋愛相手の理想のタイプにピッタリ合ったと感じる人は、魂が成長しなくても一緒にいられる単に都合の良い人であったりします。

一緒にいると社会とつながらなくてもよいと思える人

運命の人の条件の1つに、「一緒にいて居心地のよい人」というものがあります。しかし、この判断基準はとても難しく注意しなければいけない点でもあります。例えば、辛い現実から逃避したいと思っている時の出会いには、気をつける必要があります。2人でいると社会とつながらなくてもよいと思える場合には、単に現実逃避する場所として、マイナスな波動が引き寄せてしまった相手であったりします。

運命の人では無い!偽ツインソウルの特徴一覧
偽ツインソウルの特徴が知りたい方へ。誰もが理想の相手に出会うことを望んでいますが、恋愛に振り回されたり、悲しい結果になってしまったり。自分ではツインソウルに出会えたと思っていた相手が、本当は偽ツインソウルであったという可能性もあります。この記事では、ツインソウルだと盲目的に信じて過ちを犯さないように偽ツインソウルの特徴について詳しくご紹介します。
ライター Kasumisou-
ライター Kasumisou-

以上を踏まえた上で、既婚者を好きになってしまったスピリチュアルな意味を考えていきましょう。

運命の人と結ばれるための試練

女性 不安 悩み

 

既婚者を好きになったのは、それは運命の人と結ばれるための試練で、今はまだ結ばれる時期ではないのかもしれません。この場合は、相手は運命の人の可能性があります。

スピリチュアルの世界では、ご縁のある人であれば例え離ればなれになる時期があったとしても、適切な時期に結ばれることになるという考え方があります。

運命の人と思われるその既婚者の方は、現在結婚しているパートナーと学ぶべきことがまだあるのかもしれません。一方、自分は相手の幸せを願える無条件の愛などを学ぶ時期なのかもしれません。

「無償の愛」アガペーとは何か?その意味を分かり易く解説

宿命は変えることはできませんが、運命の部分は今世でどんな選択をするのかを、自分自身で選ぶことができます。

運命は作り上げていくもので、選択肢も1つではありません。今世で数年、数十年後、結ばれることを望むのか、別のご縁のある人を探すのかの選択肢は、誰かに決められているものではなく、自分に与えられています。

過去世で愛人であった経験がある

カップル キス ベッド

既婚者を好きになったのは、自分が誰かの愛人であった過去世を持っていて無意識に過去世と同じような選択をしてしまっているのかもしれません。この場合は運命の人では無いかもしれません。

スピリチュアルの世界では、これまでの過去世で経験した物事の記憶のようなものが、魂に刻まれていると考えられています。その魂の記憶は、今世では気質のようなものとして現れ、過去世と同じような傾向を無意識に選択してしまうこともあります。

自分では、好んで既婚者を選んでいるわけではなくても、既婚者に惹かれてしまう本能的な魂の気質が影響している場合もあります。独身でも素敵な人はたくさんいるにもかかわらず、そちらには目が行かないこともあります。結婚をしている人の方が、運命の人であると感じやすいだけであったりします。

今世には今世の幸せの形があります。過去世と同じ悲しみを繰り返さないためにも、別の視点でもっとたくさんの人に目を向けてみましょう。

自分は一番に大切にされるべきではないという思い癖

海辺で目を閉じる女性

運命の人だと思った人が既婚者だったのは、自分は一番に大切にされるべき人ではないという魂の思い癖から引き寄せてしまった相手である可能性もあります。この場合は運命の人ではないかもしれません。

スピリチュアルの世界では、魂の浄化と成長のために今世でさまざまな経験を積み重ねていくと考えられています。今世でのトラウマなどから、劣等感が潜在意識の中に大きく位置している場合もあります。

生活していく上での思考は、これまでの経験から生まれてきた思い癖が魂の中に刻まれていきます。1番に愛されるわけがないというネガティブな思考が、結果独身ではない人を引き寄せるエネルギーを生んでいる場合もあります。

自分は幸せになれない運命だとあきらめている

頭を洗う女性 シャワーを浴びる

既婚者を好きになったのは、普段からさまざまな物事を、運命だから仕方がないとあきらめてしまっている傾向にあるのかもしれません。この場合は運命の人ではないかもしれません。

努力は無意味ではない

スピリチュアルの世界では、受け入れなくてはいけない宿命と、自ら切り開いていくべき運命の存在があります。確かに時には、目の前の物事を受け入れることも必要です。しかし宿命と運命を同じ、どうすることもできないものとして捉えていると、今世では努力も無意味ということになってしまいます。

最初から自分は不幸な人であるから、結ばれることのない既婚者と出会ってしまったと、その後の幸せを探すことをあきらめてしまう人もいます。

スピリチュアルの世界では、最初から幸せな人も不幸な人も存在しないという考え方があります。持って生まれた宿命の上に、勇気を持って自らの意思で幸せな運命を切り開いていきましょう。

過去世から追いかける恋愛ばかりしてきている

カップル 寄りかかる 湖 池

もし既婚者の人ばかり好きになってしまうのなら、過去世から追いかける恋愛ばかりしてきて、背中を向けている人に魅力を感じてしまう魂の思い癖があるのかもしれません。この場合は運命の人ではないかもしれません。

スピリチュアルの世界では、過去世の魂の記憶が、今世でも同じような物事を、引き寄せてしまうこともあると考えられています。過去世でも独身でフリーの人より、既婚者の方に興味が湧いてしまう気質であった可能性もあります。過去世から、追いかける恋愛ばかりしてきたなごりが関係していることもあります。

運命の人だと思っている人が、もし既婚者ではなくて独身で交際している相手もいない状況の時に出会っていたとしたら。それでも好きの感情が湧いてくるかどうか一度冷静になって考えてみましょう。

親から与えられなかった愛情を求めている

砂遊びをする子供 女の子 自然

運命の人だと思った人が、出会った時にはすでに結婚していたとしたら、親から与えられなかった愛情を求めているのかもしれません。この場合は運命の人ではないかもしれません。

スピリチュアルの世界では、歪んだ形の恋愛は、魂の萎縮から生まれるという考え方があります。子供時代に親から十分得ることのできなかった愛情を、恋愛相手に求めてしまうこともあります。

運命の人だと思った既婚者は、満たされていない子供時代の魂が求めてしまった相手であるのかもしれません。子供時代に親からの愛情を十分に受けることができなかったのは、自分に問題があるのではありません。みんなそれぞれの立場で精一杯であっただけのことです。

子供時代の辛い出来事を浄化できれば、歪んだ形の恋愛を引き寄せることはなくなっていきます。
本来の自分の恋愛をする為のインナーチャイルドの癒し方
インナーチャイルドを癒やして本来の自分の恋愛をしたい方へ。恋人と付き合っている中、なんとなく本心ではない部分が出てしまったり、理由もないのに嫌われたらどうしようという不安に駆られたり…それは幼少期の自分であるインナーチャイルドの存在が、素直なありのままの恋愛の妨げになっているのかも。今回は、本来の自分の恋愛をする為のインナーチャイルドの癒し方をご紹介します。

世の中は理不尽だという思い癖

美しい女性 横顔 目を閉じる のどを触る

既婚者を好きになったのは、世の中は理不尽なもので思い通りにいかないという魂の思い癖が引き寄せてしまった相手である可能性もあります。この場合は運命の人ではないかもしれません。

スピリチュアルの世界では、過去世から今に至るまでの自分自身の言動や思考が、目の前に形になって現れてくるものと考えられています。

過去世も含めたこれまでに、大切な人に裏切られた経験をもっている場合もあります。既婚者を好きになるのは、魂の記憶の中に、物事は思う通りになるものではないという思いが刻まれてしまっていることが影響していることも考えられます。

この先の幸せのために必要な経験だった

耳を押さえる女性 窓 景色を見る

既婚者を好きになってしまったのは、例え結ばれなかったとしても、その人との恋愛で学ぶべきことがあったのかもしれません。この場合は、ある意味運命の人だったのかもしれません。

スピリチュアルの世界では、さまざまな経験を積んでいくことで、魂が少しずつ高いステージへと上がっていくと考えられています。

どんな小さな出会いでも、そこにはなんらかのご縁が存在しています。すでに既婚者であっても、前世から深いつながりがある場合もあります。一方、物質界の現世のルールの中で学ぶべき事柄も、魂の成長には必要なことです。好きになった人が既婚者だったのは辛いことかもしれませんが、その学びはこの先の幸せのために必要だったのかもしれません。

今世は今世の幸せを掴むということを自分に許可し、次のステージに進んでいきましょう。

最後に

運命の人だと思っていた人が、本当に結ばれるはずの運命の人であれば、今世か来世かはそれぞれですが、いずれ結ばれることになります。

一方、魂が萎縮してしまった思考が、自ら進んで不幸を選択してしまっている可能性もあります。自分自身の潜在意識に、幸せを素直に受け入れる許可をすることで、本当の運命の人との出会いにつながっていきます。

既婚者を好きになるスピリチュアルな意味は…

  1. 運命の人と結ばれるための試練
  2. 過去世で愛人であった経験がある
  3. 自分は一番に大切にされるべきではないという思い癖
  4. 自分は幸せになれない運命だとあきらめている
  5. 過去世から追いかける恋愛ばかりしてきている
  6. 親から与えられなかった愛情を求めている
  7. 世の中は理不尽だという思い癖
  8. この先の幸せのために必要な経験だった
ライター Kasumisou-
ライター Kasumisou-

以上、最後までご覧頂き、有難うございました。

★あなたの悩みは解決しましたか?

解決しない悩みは、人に聞いてもらうと気持ちが安らぐだけでなく、自分では全く見えてなかった意外な事で解決方法が見えてくることもあります。

どうしても解決しない悩みがある方は、占い師の方に直接相談してみてはいかがでしょうか?「電話占いヴェルニ」では、あなたがわざわざ外出しなくとも、合格率3%の難関オーディションを通ったプロ占い師が、悩み解決の手助けをしてくれます。

その一歩があなたの人生に大きな変化をもたらすかもしれません。

⇒新しい自分になりたい方は電話占いヴェルニをお試しください⇐

②出会い不倫
この記事のライター
Kasumisou-

幼少期は、数秒先から数日先の出来事を言葉に発することがあり、大人になってからは、別の場所で起こっている事を夢で見るなど、不思議な体験をしてきました。スピリチュアルな世界からの学びと、自分の経験とを結びつけるため、答え合わせの毎日を送っています。記事を読んでくださる方々の、幸せな未来へのお手伝いが少しでもできればと思っています。

Kasumisou-をフォローする
恋愛&結婚あれこれ