長い付き合いの彼氏とは別れてもいいのか?別れる時の注意点は?

カップル 倦怠期 不仲 喧嘩長い付き合いの彼氏との別れを考えている方へ。

気づけば今の彼氏とは長い付き合いになっていたけれど、結婚の話もでないし、最近はなんだかマンネリ気味、そんなカップルも少なくないでしょう。長年付き合うと情が強くなってなかなか別れられないけれど、無駄に時間を使うよりは、別れて次の相手を探した方が良い場合もあります。

ライター nyanco
ライター nyanco

ここでは長い付き合いの彼氏と別れるか悩んでいる方に考えて欲しい事、注意して欲しい事をご紹介します。

  1. 長く付き合っているカップルの心理とは?
  2. 長く付き合っているカップルが別れる理由とは?
  3. 長く付き合った彼氏と別れるべき状況とは?
  4. 長く付き合ったカップルが別れるとどうなる?
  5. 倦怠期カップルの特徴とは?
  6. 倦怠期から抜け出す方法とは?
  7. 長い付き合いの彼氏と別れる時の注意点①彼を失っても本当に大丈夫か
  8. 長い付き合いの彼氏と別れる時の注意点②いきなり別れを切り出すのはタブー
  9. 長い付き合いの彼氏と別れる時の注意点③別れ話は人の多いところで
  10. 長い付き合いの彼氏と別れる時の注意点④彼の悪い点を指摘しない
  11. 長い付き合いの彼氏と別れる時の注意点⑤涙は見せない
  12. 長い付き合いの彼氏と別れる時の注意点⑥曖昧な態度を取らない
  13. 長い付き合いの彼氏と別れる時の注意点⑦別れの意志はハッキリと伝える
  14. 長い付き合いの彼氏と別れる時の注意点⑧別れを告げたのであれば、一切の連絡を絶つ
  15. 長い付き合いの彼氏と別れる時の注意点⑨何度も話し合う場を持つこと
  16. 長い付き合いの彼氏と別れる時の注意点⑩情がわいてしまうならまずは距離を置いてから
  17. 長い付き合いの彼氏と別れる時の注意点⑪別れる理由を明確にする
  18. 長い付き合いの彼氏と別れる時の注意点⑫画像やSNSなどの共通のツールを削除する
  19. 長い付き合いの彼氏と別れる時の注意点⑬相手が納得していないとストーカーになる可能性がある
  20. 長い付き合いの彼氏と別れる時の注意点⑭別れる方向に考えるのではなく結婚に向き合うことも必要
  21. 長く付き合った彼氏と別れた後にすべきこと
  22. 最後に

長く付き合っているカップルの心理とは?

寄り添うカップル

①一緒にいると自然体でいられてラク

付き合い始めのカップルは良くも悪くも「良い部分」を見せようとします。例えば相手の様子を伺って必要なものを差し出したり、頭にきてもそれを我慢したり、ファッションやメイクも気合を入れてしまうでしょう。そういった気持ちはとても大切ですが、それをずっと続けていては疲れてしまいます。長く付き合うことでお互いの素顔が出てきて、自然体でいられるようになるので気持ちがラクになります。

②お互いを理解し合えている

長く付き合うと言葉を交わさなくても相手の考えていることが分かったり、表情で機嫌が見えてくるようになります。長く付き合っているからこそお互いを理解し合えていると感じますし、お互いを信頼しています。ですから、休みの日に毎回デートしなくても平気ですし、ちょっと連絡がないくらいで相手を疑ったりしません。

③今更別れるのは勿体ない

長く付き合っているとお互いに気を使わなくてもいいですし、大抵のことは分かりあえるので「今更別れるのは勿体ない」という心理が働きます。別れた後にまた一から恋人を探すのはパワーを使いますし、今のような心地の良い関係になれるかは分かりません。例え恋愛感情が薄れていたとしても、別れるという決断が難しくなります。

④好きという気持ちより情で一緒にいる

長く付き合っていると相手への気持ちが恋愛感情から変化していくことがあります。それは家族のような存在だったり、空気のようであったり様々ですが、同じ好きでも恋愛の好きと違うのは確かです。でもそこで別れるかというとそうでもなく、「これだけ付き合ったのに今更別れられない」という情がわいてしまいます。本人は気づかなくても情で離れられないという関係になってしまうのです。

⑤結婚するより今のままがいい

長く付き合い同棲などを始めてしまうと、結婚というタイミングを逃してしまいます。同棲をしているので一緒に生活を始めていて不自由はないのですが、結婚となるといろいろ面倒なので「今のままがいい」という心理が働いてしまうのです。これは今の関係が居心地いいからこそ起こる心理で、女性より男性に多いといわれています。

長く付き合っているカップルが別れる理由とは?

カップル 失恋 別れ

①どちらかが浮気をした

長く付き合っているカップルが別れる理由で1番多いのが「どちらかの浮気」です。長く付き合っているからこそ安定しているけれど刺激がなく、つい他の異性に目が行ってしまうパターンですね。恋人にはない刺激をもらうことができるので、いつの間にか病みつきになってしまい、浮気がバレるという流れです。1回は許されるかもしれませんが、2回目以降は別れる羽目になるでしょう。

②結婚する気がない

これは男女の価値観の違いで生まれやすいのですが、結婚したい女性と結婚したくない男性のカップルは、遅かれ早かれ別れを考え始めます。子供が欲しい女性には年齢のリミットがあります。ですから男性に結婚について話し合いを持とうとしますが、男性に結婚する気がない場合は時間ばかり過ぎてしまいます。「これ以上は無理」となった時、長く付き合ったカップルでも別れることになります。

③恋人らしい感情がなくなってしまった

長く付き合っているうちに恋人という気持ちがなくなってしまったカップルもいます。お互いにお互いを好きかどうかも分からない状態で付き合っていると「付き合い続けることに意味があるのかな?」と考え始めてしまいます。無意味に付き合うなら別の人と恋愛した方がいいのでは?となれば別れることになります。嫌いではなくても恋人という感情がないと付き合い続けるのは難しいです。

④お互いに魅力を感じられない

長く付き合うことでお互いに魅力を感じられなくなったカップルもいます。マンネリ状態の時に起きやすい現象ですが、お互いの良い部分よりも悪い部分の方に敏感になり、どんどん嫌になっていきます。結果、キスやハグなどのスキンシップは減り、セックスレスに陥るでしょう。触れ合うことに抵抗があるカップルが今後も上手く付き合っていけるとはなりません。

長く付き合った彼氏と別れるべき状況とは?

カップル 夫婦 喧嘩 ベッド 別れ話

①会話がない

カップルなのに会話がないという「熟年夫婦」のような状態になっているなら、別れた方が良いでしょう。このまま付き合い続けて結婚したとしても、会話がない状態が続くのには耐えられないはずです。会話がないというのはお互いに興味が持てない、それぞれが何をしていても気にならないという状況です。恋人同士というより他人と変わりません。

②マンネリ

付き合いの長いカップルといえば必ず訪れるといってもいいのが「マンネリ化」です。関係性が安定している状態ですが、刺激を感じられなくなり、ドキドキしなくなる状況に陥っています。一時期のマンネリ化は仕方ないですが、どう努力してもマンネリが解消されないなら別れた方がいいでしょう。異性として扱われなくなるのは悲しいものです。

③結婚の話を避けるようになった

付き合い始めは結婚の話を積極的にしていたのに、付き合いが長くなるにつれて結婚話を避けるようになったのであれば、別れを意識する時です。結婚の意志がないのか、お互いを結婚相手として見られないのかなど、理由は様々ですが付き合い続けても結婚という選択肢がないということははっきりしています。結婚願望があるなら他の人を探しましょう。

④喧嘩ばかりしている

付き合いが長くなるとお互いに遠慮がなくなります。相手を不快にしないために言葉を選ぶということも少なくなるので、些細なことで喧嘩が勃発してしまうでしょう。その都度話し合って仲直りしていたカップルでも、その時間さえ面倒になってしまうと別れる羽目になります。「喧嘩をするほど仲がいい」と言われてはいますが、思いやりのない喧嘩は別れの理由となります。

⑤好きな人ができた

長く付き合っていると相手が家族のように思えてきて、一緒にいるのが当たり前な感覚に陥ってしまいます。そうなると恋愛的なときめきを他の相手に求めるようになり、気づけば「他に好きな人ができた」という理由で別れることになるカップルもいます。また理想の相手に出会ってしまった場合は、今の恋人とは別れたいという気持ちが強くなってしまうでしょう。

長く付き合ったカップルが別れるとどうなる?

山頂で夕日を眺める女性 自然 光 希望 孤立

長く付き合っていたカップルが別れた場合、時間の経過と共に寂しさがこみ上げてきます。

別れたのだから戻れないとは分かっていても、長く一緒にいたせいで心にぽっかり穴が開いたような飽和状態になってしまいます。しばらくは良い思い出ばかりが思い出されて、無性に悲しくなったり、涙をこぼしたりと気持ちが不安定になるでしょう。中には別れたことを後悔することもあります。

時間が経過すると気持ちが冷静に

さらに時間が経過すると気持ちが冷静になって、「なぜ別れたのか」「何が良くなかったのか」を分析し始めます。冷静になったことで相手の嫌な部分が浮かんだり、最悪だったエピソードも浮かんでくるでしょう。そんな中で別れを選んだ理由に納得し、別れを選んだ自分に「間違っていなかった」と実感し始めます。

新しい恋にも前向きに

別れを克服すると新しい出会いに向けて自分磨きを始めたり、仕事に没頭するようになります。何かに夢中になることで今までの自分から抜け出そうと考えます。結果、自分に自信が持てるようになるので、新しい恋にも前向きになれます。

やっぱり必要だったと感じる人も

一方で別れたからこそお互いの大切さに気付くカップルもいます。お互いに「やっぱり必要だった」と感じればよりを戻すこともあるでしょう。長く付き合っていたからこそ見えなかった部分が、一度距離を置いたことで見えてくるパターンです。

倦怠期カップルの特徴とは?

カップル ハグ 抱きしめる

①お互いに気を使わなくなる

長年付き合っているカップルでもやはり気遣いは重要なのですが、倦怠期のカップルはお互いに気をつかうことがなくなります。相手が何を考えているのか、相手を不快にさせないためにはどうすべきかという部分が抜け落ちてしまうのです。お互いが「どうでもいい存在」になってしまうので扱いが雑になりますし、見た目や言動にも遠慮がなくなってしまい魅力が半減します。

②相手に対する不満ばかり募る

長年付き合えばお互いに嫌な面も見えてきて当たり前です。お互いの本性が見えてくると相手に不満を抱くようになります。倦怠期に入ったカップルは相手の嫌な面ばかりに目がいくようになるので、日々、不満が募ってしまいます。昔はそばにいてくれるだけで良かった恋人なのに、一緒にいる時間が長くなるほど要求が増えます。そういった要求が満たされないことに不満を爆発させてしまうことになります。

③別行動になる

倦怠期のカップルは「顔を見るだけでイライラ」する状態になることがあります。その場合は別行動をとることになり、休日もデートではなくそれぞれの友達と遊びに行ったり、1人で行動するようになるでしょう。また話すこともないのでLINE・メールや電話も減ってしまいます。恋人からは得られない刺激を得るために恋人以外の方向に時間を使うようになってしまいます。

④喧嘩が増える

倦怠期のカップルは顔を合わせると喧嘩ばかりしてしまいます。相手の考え方、言い方、意見の食い違いなど些細なことで頭にきてしまい喧嘩になります。これは相手に対するリスペクトの気持ちが薄れてしまい、相手よりも自分を中心に物事を考えてしまうためです。倦怠期になるとあれほど大事だった恋人よりも、自分自身を守るようになるのでしょう。

倦怠期から抜け出す方法とは?

健康的な女性 神秘 光 夕日 希望

①今の幸せが当たり前じゃないと気付く

倦怠期を迎えている時は相手がいるのが当たり前でちょっと「うざい」と感じている時です。人は失って初めてその大切さに気付くことがあります。例えば出会って気持ちが通じ合うだけでもかなりの確率ですし、そこから長くお付き合いできる人は当たり前に現れたりしません。また「彼が他の女性と付き合い始めたら?」と想像することで、失うことが怖くなったり「今の幸せは当たり前に約束されたものではない」ということに気づくことができます。

②恋愛以外にドキドキする趣味を見つける

生活の中心に恋愛を置いてしまう人は、長く付き合っていくと関係が安定してつまらなくなってしまうことがあります。刺激を求めるタイプの人は同じ相手とずっと付き合うことに難しさを感じるでしょう。そこで別の相手にドキドキを求めるのではなく、恋愛以外に夢中になれることを見つけてみましょう。趣味、仕事、仲間、習い事など、どんなことでもいいので一つ見つけることで、それに集中しようとします。すると恋愛では安定した関係を望むようになるので、倦怠期もどこかに行ってしまうでしょう。

③物理的に距離を置く

倦怠期は近くにいすぎて気持ちに変化が起こるので、物理的に距離を置くことをおすすめします。しばらく会うのをやめて、電話やLINE・メールも極力しないようにしましょう。浮気は厳禁ですが、お互いにお互いのことを忘れて過ごすことは必要です。同棲している場合は一度解消するのも良いです。実際に距離を置いたことで見えてくるものもありますし、やはりお互いに必要な人だな、と再実感することができるでしょう。

④倦怠期はどのカップルでも通る道だと理解する

倦怠期は長く付き合うカップルなら一度や二度はやってくるものです。ですから「倦怠期が来た!もうダメだ」と絶望的になるのではなく、「どのカップルにもよくあること」と気楽に捉えましょう。自然と連絡が減ったり、デートの回数が減ってもその流れに任せるのです。そうやってのんびり構えているうちに「そういえばどうしているかしら?」と思い出して連絡を取り合ったりします。「やっぱり一緒にいるとしっくりくる相手だな」と思えば乗り越えられますよ。

恋愛の倦怠期とは?理由・時期・症状・乗り越え方を解説
恋愛の倦怠期とその理由、症状や乗り越え方を知りたいあなたへ。倦怠期が来たときの彼氏の心理とはどういうものなのか、またどう乗り越えていったらいいのか知りたい人も多いのではないでしょうか。本記事では心理カウンセラーの水沢桔梗が、恋愛の倦怠期とは?理由・時期・症状・乗り越え方をご紹介いたします。

長い付き合いの彼氏と別れる時の注意点①彼を失っても本当に大丈夫か

まずは本当に彼と別れて後悔しないのかを良く考えましょう。

「彼のすべてにイライラする」「彼と触れ合うのもイヤ」という状態なら良いのですが、「なんとなくマンネリ」で別れるのはあとで後悔する可能性があります。彼と別れるということは、あなたを愛してくれている相手を手放すということです。

彼が他の女性と歩いている所に遭遇した時を想像してみましょう

今は彼に愛される状態が当たり前で麻痺しているのかもしれませんが、別れた時にその重みがのしかかってくることもあります。彼が他の女性と歩いている所に遭遇した時を想像してみましょう。それでも「何とも思わない」のであれば別れ話に進んでも良いでしょう。

しかし「ショックを受ける」のであれば、別れ話をするのはまだ早いかもしれません。「彼が好きだけれど結婚する気がないから別れたい」という場合、彼が話し合いに応じないようであれば別れて正解でしょう。とにかく別れた後の自分を想像して後悔だけはしないようにしてくださいね。

長い付き合いの彼氏と別れる時の注意点②いきなり別れを切り出すのはタブー

男性はいきなりの別れ話にはパニックになります。特に長い付き合いの彼であれば、そのショックは計り知れないでしょう。

まず冗談だと理解してダラダラと関係が続いてしまったり、怒りの感情をむき出しにしてくることもあります。ストーカーに変貌してしまう可能性もあるので注意したいところです。

少しずつ彼から距離を置きましょう

彼との別れを決意したら、少しずつ彼から距離を置きましょう。LINE・メールを減らす、電話を避ける、デートの回数を減らすなど、少しずつ態度で示します。それが続けば大抵の男性は「あれ?」と異変に気づくはずなので、彼の方も接触が減ってくるか、はっきりさせたい男性なら直接会おうと言ってくるでしょう。

彼から「最近変じゃない?」のような疑問が出たら実はと、切り出してみましょう。このように男性が聞いてきたということは、彼も少なからず予想はしているはずです。まずは別れたいことを態度で示すことから始めましょう。

長い付き合いの彼氏と別れる時の注意点③別れ話は人の多いところで

カップル 友達 カフェでトーク

別れ話をする際に2人きりでしようとする人は多いですが、できれば人が多いところでするのが良いです。

特に長い付き合いの彼の場合、少なからず感情的になる可能性があります。感情的になられると別れ話が進まなくなってしまうので、2人とも冷静にいられるカフェや公園など人がいる場所を選びましょう。

長い付き合いの彼となかなか別れられないという女性には、どうしても別れ際に感情的になったり、相手に感情的になられることで折れてしまうといったパターンが多いのです。同じことを繰り返すことほど、時間の無駄はありません。男性の場合、感情的になり過ぎて暴力を振るわれては大変です。

そういった感情面をセーブするためにも、周りには人がいた方が都合が良いのです。人目のあるところで構わず感情的になる人はまずいません。落ち着いて話ができれば、別れ話もすんなり受け入れてもらえる可能性が高いのです。

彼氏に別れ話の切り出し方が分からない方への徹底マニュアル
別れ話の切り出し方が分からない方へ。別れ話は誰でも切り出しにくいもの。出来れば、穏便に済ませたいですよね。この記事では、別れを切り出さなければならない時の、事前準備や気を付けなければならないこと、別れ話の切り出し方やセリフなど、徹底的に解説いたします。

長い付き合いの彼氏と別れる時の注意点④彼の悪い点を指摘しない

付き合いの長い彼と別れ話をした時に、もちろん彼から反論があるでしょう。その中に「俺の何が悪かったの?治すから考え直して」などと言われるかもしれません。

しかし、あなたがどうしても彼に対して許せない部分があって、別れ際に今まで我慢していたものを吐き出すように彼の悪い点を指摘するなど絶対にタブーです。

悪い部分を指摘すれば、彼にとっては「そこを治せばやり直せる」と思わせてしまいます。特に別れたくないと彼が思っている場合は、悪い部分を治せばいいと食い下がってくるでしょう。また、あなたが悪い点を言ったことが彼の地雷だった場合、怒りが爆発して取り返しのつかないことになる可能性があります。

別れ話をするのなら、相手の悪い点には触れないようにしましょう。

彼にどこが悪いの?と問い詰められても「全部私が悪いから」と受け流すことも必要です。

長い付き合いの彼氏と別れる時の注意点⑤涙は見せない

長い付き合いの彼と別れる為に話をしていたら、突然、彼が泣きだした、そんな経験を持つ女性も最近は増えています。昔の男性は人前で泣かない主義の人がほとんどでしたが、今の男性は感情が赴くままに涙を流す人もいます。そんな彼を見ても、あなたは絶対に涙を見せてはいけません。もらい泣きなんて以ての外です。

彼につられて涙を見せてしまえば、彼は「まだ俺に気持ちがある」と勘違いしてしまいます。また男性側の作戦で涙を誘って、どうにか分かれない方向へもって行こうとするパターンもあります。騙されてはいけません。

感情表現はいつもの半分以下

これは感情的にならないという部分にも重なります。別れ話をする時は、とにかく冷静な気持ちを保つようにしましょう。むしろ感情表現はいつもの半分以下で十分かもしれません。彼が泣きだしても「男のくせに情けない」と考えられるくらいの態度で、彼の涙には触れずそのまま冷静に話を続けましょう。

長い付き合いの彼氏と別れる時の注意点⑥曖昧な態度を取らない

これから長い付き合いだった彼と別れるのに、いつまでも曖昧な態度を取るのは良くありません。

例えば別れ話をすると決めた直前まで今までと変わりなく電話をしていたり、彼に「最近変じゃない?」と聞かれても「なんでもない」と誤魔化してしまう、こういったどっちつかずの態度は別れをこじらせます。

彼からしたら、「この前まで普通だったよね?」「俺のこと好きなの?嫌いなの?」と混乱させてしまいます。長い付き合いの彼を目の前にしたら、気持ちが揺らいでつい、曖昧な態度をとってしまうという女性も注意しましょう。

別れを決意したのであれば曖昧さはいりません。来るべき別れに向けて、一貫した態度と言葉で、彼を説得するつもりで挑むことが大切です。

長い付き合いの彼氏と別れる時の注意点⑦別れの意志はハッキリと伝える

女性の中には彼を傷つけるのが忍びない、自分が悪者になるのはイヤ、といった気持ちから、別れ話をしているのに「本当に別れたいの?」という話し方をする場合があります。それでは男性には何も伝わりません。

女性同士ならニュアンスや態度などから、言いたいことはだいたい伝わったりしますが、男性にはそんな能力はないのです。

別れたいのであれば自分が悪者になる覚悟で「あなたとはこれ以上付き合っていけません。さようなら」など、別れたいという意志をストレートに伝えましょう。案外ストレートに言われた方が、男性はすぐに納得して引いてくれる可能性があります。遠まわしに言っているうちは別れ話も進まないと考えましょう。

また「別れても友達ね」と繋がりを持とうとする女性もいますが、これもやめた方がよいですね。男性からすれば「また彼氏に戻れるかも」と期待させてしまいます。円満に別れるにはハッキリした態度と言葉で伝えるのが1番効果的です。

長い付き合いの彼氏と別れる時の注意点⑧別れを告げたのであれば、一切の連絡を絶つ

女性 スマホ line 連絡 携帯電話

長い付き合いの彼に別れを告げたら、その後は一切の連絡を絶ちましょう。

しばらくは彼から連絡があるかもしれませんが、電話には基本的に出ないこと、LINE・メールは内容によって最低限必要なこと以外は返信をしないようにしましょう。別れ話をしてすぐの期間は、彼もまだあきらめがついていない可能性があります。

変に同情すえるのは逆効果

一晩経ったら考えが変わったかも?このまま別れるのはやっぱり寂しい、という気持ちも見え隠れしますが、一度、別れを告げた以上、変に同情すえるのは逆効果です。冷たい態度で悪者になる方が彼のためでもあります。

彼がどうにか理由をつけて会おうとしてきても、気づかないふりをして「もう会わない」というのを態度で意思表示しましょう。徹底した態度が彼に伝われば別れもスムーズに進められるでしょう。

長い付き合いの彼氏と別れる時の注意点⑨何度も話し合う場を持つこと

話 カフェ カップル長く付き合った彼氏だからこそ、別れたいと思ってもなかなか割り切れないのが現実です。今まで一緒にいた時間が長ければ長いほど、簡単に終わらすことのできる関係ではないからです。

ですから長い付き合いの彼氏と別れるときは、何度も話し合いの場を持つことを心がけましょう。お互いが納得するまでは、根気よく続けることです。

別れた後の後悔を緩和できる

話し合いの場を持つことで、勢いで別れてしまった後の「後悔」を緩和することができます。長い付き合いだったからこそ勢いや倦怠期などを理由に別れてしまうと、後で大きな後悔に襲われることがあります。すると何も手につかなくなったり、次の恋愛への意欲がわかなくなってしまう可能性があるので、慎重に話し合いをしていきましょう。

長い付き合いの彼氏と別れる時の注意点⑩情がわいてしまうならまずは距離を置いてから

長く付き合っていると恋愛感情がないはずなのに、別れられない状態になることがあります。これは相手に情がわいていて楽しかった頃を思い出したり、別れ話で相手を傷つけるつらさを避けようとするからです。

もし情がわいて別れ話が上手くいかないなら、まずは距離を置くことから始めましょう。人は接触回数が多いほど好意を抱きやすいので、より情も深まってしまいます。

離れてみてどう感じるかが大切

ですから接触回数が減れば好意も薄れていくことがいえます。それはあなただけでなく、相手にも効果のある事なので、直接会うこと、電話をすること、LINE・メールをすることなど、すべての接触を控えて距離をとるべきです。そこで「やはり失いたくない」と思うのか、「このまま会わなくなっても大丈夫」と思うのか、いわば別れる前の予行演習ができるイメージです。

長い付き合いの彼氏と別れる時の注意点⑪別れる理由を明確にする

もし別れたいと考えているのがあなただけの場合、長い付き合いの彼氏を説得させる「理由」を明確にする必要があります。例えば付き合いの長いカップルによくある「マンネリが原因」という理由で別れを切り抱いた場合、彼はそれを解決する方向に考えるでしょう。また「忙しくてすれ違い」が原因なら、「それなら結婚しよう」と提案されてしまうかもしれません。

お互いの努力では回避できないということを彼に知ってもらう

本当に別れたいと思っているなら、お互いの努力では回避できないということを彼に知ってもらう必要があります。

多くの場合、あなたが彼に対して「好き」という感情がなくなってしまうことが原因です。これは今まで長く一緒にいたからこそ、時間が解決してくれるものではありません。別れる以外の手段がないことを分かってもらうには、あなたの中でその理由を明確にしなければ彼にも伝わりません。

長い付き合いの彼氏と別れる時の注意点⑫画像やSNSなどの共通のツールを削除する

憂鬱な女性 スマホ 電話 待ち合わせ付き合いが長いからこそ、これまでにたくさんの写真を撮ってきたと思います。普段の何気ないものから、デートの思い出、旅行での景色など数えきれないほどになっているはずです。そして現代ではそういった写真をSNSでシェアして、公開することが簡単にできます。恋人との写真をSNSに載せるのは当たり前の時代です。しかし別れるとなると、それらの写真は削除しておきたいところ。

後々で面倒なことにならないように…

例えば今の彼氏と別れて次の彼ができた時、SNS上に元カレとの写真が残っていれば、見つかる可能性はゼロではありません。しかも付き合った期間が長いとなれば「元カレとは長い付き合いだったんだね」と、彼の嫉妬心に火をつけて、喧嘩の原因になることも。

ですから長い付き合いの彼氏と別れる時に、あなただけでなく彼側のSNSや画像も削除してもらう必要があります。

長い付き合いの彼氏と別れる時の注意点⑬相手が納得していないとストーカーになる可能性がある

長い付き合いであるからこそ、執着という点でも侮れません。あなたが別れたくて話を切り出しても相手が納得しなければ、もちろん別れることはできないでしょう。

強制的に別れを選択したり、連絡を絶ってしまうと、相手がストーカーになる恐れがあります。これは長く付き合ったからこそ生まれる執着から発生するものです。

付き合いが長いからこその執着

短い期間のお付き合いで別れた相手は思い出も少ないですし、執着するほど深い関係でもないのでそのうち忘れることができます。ところが長く付き合っていると思い出が多く深い関係になっているので、忘れようにも忘れられず苦しい思いをしてしまうでしょう。その思いが強すぎる結果が執着でありストーカーなので、相手が納得するまで根気よく話をする必要があります。

長い付き合いの彼氏と別れる時の注意点⑭別れる方向に考えるのではなく結婚に向き合うことも必要

結婚式 夕日 夫婦長い付き合いだからこそ「馴れ合い」や「マンネリ」が発生してしまいますし、将来のことも心配になります。中途半端な関係が嫌だから別れるしかない!と思うかもしれませんが、もうひとつ「結婚」という選択肢があります。長く付き合ったカップルの将来には結婚があるのが自然です。ここまで長くお付き合いできたのであれば、相性が悪いはずがないからです。

長く付き合ったからこそ、選択肢は「別れる」だけじゃない

「彼は結婚する気がない」というのもあなたの思い込みである可能性があります。別れを選択する前に、きちんと正面から彼と向き合うことで「不安な思いをさせてごめん」とあなたの本気に気づくかもしれません。

長く付き合っているからこそ「別れる」という選択ではなく2人の将来について改めて話す機会だと捉えてみましょう。

長く付き合った彼氏と別れた後にすべきこと

祈る女性 夕日 光 純粋 感謝

長く付き合った彼氏と別れた後、直後は寂しさ、悲しみ、悔しさ、怒りなど様々な感情に押しつぶされそうになるかもしれません。しかし後戻りするよりも気持ちを切り替えて先に進みましょう。

もし復縁する場合も今のままでは、また同じようなことが原因で結局別れることになります。自身をリセットする意味でも別れを受け入れて「過去のこと」として考えるようにしましょう。

復縁に冷却期間は必要?過ごし方や、また連絡する方法とは?
復縁の確率を上げる冷却期間の過ごし方が知りたい方へ。復縁を成功させるための冷却期間はとても大切です。変にコンタクトを取って元彼に嫌な部分を思い出させてはいけません。この記事では、復縁に冷却期間は必要なのか?どうやって過ごせばいいのか?復縁を切り出すにはどうすれば良いのかなどをご紹介します。

感謝

気持ちが落ち着いたら長く付き合った彼氏に感謝をします。最終的には別れることになったとしても、彼と出会ったことで成長や発見があったはずです。これから新しい一歩を踏み出すために、彼との間で学んだことに感謝すべきです。

思い出を処分

次に彼の私物や思い出は思い切って捨てましょう。彼の念が残ったものがそばにあると、いつまでも気持ちを切り替えることができません。捨てるのがもったいないブランド品などは、フリマアプリで売ってしまうのもおすすめです。とにかく見えないところに追いやりましょう。

そうやって整理していると自分の気持ちにも変化が現れます。次の出会いに向けて自分磨きをしたり、趣味に凝ったり、仕事のスキルアップをしたり…自身を成長させることで気持ちを前向きにシフトしていきましょう。

最後に

長い付き合いの彼氏と別れる時の注意はいかがでしたか。

  • あなたから別れ話をする以上、あなたが悪者になる覚悟でハッキリと別れを告げましょう。
  • 彼の感情を逆なでしない為には、別れ話をするまでの準備が大切です。
  • 別れを彼のせいにしたり、感情的にならないように、人の多い場所を選びましょう。
  • 別れ話をしたら、彼とは連絡を絶つのが正解です。

このように付き合いが長いからこそ感情的になってしまう部分を上手に乗り越えることが必要です。

長い付き合いの彼氏と別れる時に注意すべき事

①彼を失っても本当に大丈夫?
②いきなり別れを切り出すのはタブー
③別れ話は人の多いところで
④彼の悪い点を指摘しない
⑤涙は見せない
⑥曖昧な態度を取らない
⑦別れの意志はハッキリと伝える
⑧別れを告げたのであれば、一切の連絡を絶つ
⑨何度も話し合う場を持つこと
⑩情がわいてしまうならまずは距離を置いてから
⑪別れる理由を明確にする
⑫画像やSNSなどの共通のツールを削除する
⑬相手が納得していないとストーカーになる可能性がある
⑭別れる方向に考えるのではなく結婚に向き合うことも必要

ライター nyanco
ライター nyanco

以上、最後までご覧いただき、有難うございます。

《たった3分で運命を変える方法》

驚愕!98%の人が変わったと実感!
私たちの運命や人生は誕生日で決まります。 運命の人・お仕事・人間関係の悩み…実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

『予言占い-未来からの手紙-』は20万人以上が体験した奇跡が起きる占い。

今ならその占いが8月限定≪無料診断≫を実施中!次の開催は未定…この機会をお見逃しなく。

⇒運命を変えたい方!≪無料診断≫を体験下さい!⇐

⑥失恋・別れ
この記事のライター
nyanco

猫と写真が好きです。若い頃の恋愛は失敗だらけで振られまくりでした。「もう恋なんてしない!」と思った時期もありましたが、結局人は恋に落ちてしまうものなのですね。そんな私も彼氏が変わるたびに男の見る目や上手な恋愛の方法を学び、今では理想の彼と幸せな毎日です。私と同じ失敗が繰り返されないように、これまでの経験で得たことを提供できるような記事を書いていきます。

nyancoをフォローする
恋愛&結婚あれこれ