長い付き合いの彼氏と別れる時の8の注意

気づけば今の彼氏とは長い付き合いになっていたけれど、結婚の話もでないし、最近はなんだかマンネリ気味、そんなカップルも少なくないでしょう。長年付き合うと情が強くなってなかなか別れられないけれど、無駄に時間を使うよりは、別れて次の相手を探した方が良い場合もあります。ここでは長い付き合いの彼と別れる決意をした女性に注意してほしいことをご紹介します。

 

長い付き合いの彼氏と別れる時の8の注意

 

彼を失っても本当に大丈夫?

まずは本当に彼と別れて後悔しないのかを良く考えましょう。「彼のすべてにイライラする」「彼と触れ合うのもイヤ」という状態なら良いのですが、「なんとなくマンネリ」で別れるのはあとで後悔する可能性があります。彼と別れるということは、あなたを愛してくれている相手を手放すということです。

今は彼に愛される状態が当たり前で麻痺しているのかもしれませんが、別れた時にその重みがのしかかってくることもあります。彼が他の女性と歩いている所に遭遇した時を想像してみましょう。それでも「何とも思わない」のであれば別れ話に進んでも良いでしょう。

しかし「ショックを受ける」のであれば、別れ話をするのはまだ早いかもしれません。「彼が好きだけれど結婚する気がないから別れたい」という場合、彼が話し合いに応じないようであれば別れて正解でしょう。とにかく別れた後の自分を想像して後悔だけはしないようにしてくださいね。

いきなり別れを切り出すのはタブー

男性はいきなりの別れ話にはパニックになります。特に長い付き合いの彼であれば、そのショックは計り知れないでしょう。まず冗談だと理解してダラダラと関係が続いてしまったり、怒りの感情をむき出しにしてくることもあります。ストーカーに変貌してしまう可能性もあるので注意したいところです。

彼との別れを決意したら、少しずつ彼から距離を置きましょう。メールを減らす、電話を避ける、デートの回数を減らすなど、少しずつ態度で示します。それが続けば大抵の男性は「あれ?」と異変に気づくはずなので、彼の方も接触が減ってくるか、はっきりさせたい男性なら直接会おうと言ってくるでしょう。

彼から「最近変じゃない?」のような疑問が出たら実はと、切り出してみましょう。このように男性が聞いてきたということは、彼も少なからず予想はしているはずです。まずは別れたいことを態度で示すことから始めましょう。

別れ話は人の多いところで

別れ話をする際に2人きりでしようとする人は多いですが、できれば人が多いところでするのが良いです。特に長い付き合いの彼の場合、少なからず感情的になる可能性があります。感情的になられると別れ話が進まなくなってしまうので、2人とも冷静にいられるカフェや公園など人がいる場所を選びましょう。

長い付き合いの彼となかなか別れられないという女性には、どうしても別れ際に感情的になったり、相手に感情的になられることで折れてしまうといったパターンが多いのです。同じことを繰り返すことほど、時間の無駄はありません。男性の場合、感情的になり過ぎて暴力を振るわれては大変です。

そういった感情面をセーブするためにも、周りには人がいた方が都合が良いのです。一目のあるところで構わず感情的になる人はまずいません。落ち着いて話ができれば、別れ話もすんなり受け入れてもらえる可能性が高いのです。

彼の悪い点を指摘しない

付き合いの長い彼と別れ話をした時に、もちろん彼から反論があるでしょう。その中に「俺の何が悪かったの?治すから考え直して」などと言われるかもしれません。また、あなたがどうしても彼に対して許せない部分があって、別れ際に今まで我慢していたものを吐き出すように彼の悪い点を指摘するなど絶対にタブーです。

悪い部分を指摘すれば、彼にとっては「そこを治せばやり直せる」と思わせてしまいます。特に別れたくないと彼が思っている場合は、悪い部分を治せばいいと食い下がってくるでしょう。また、あなたが悪い点を言ったことが彼の地雷だった場合、怒りが爆発して取り返しのつかないことになる可能性があります。

別れ話をするのなら、相手の悪い点には触れないようにしましょう。彼にどこが悪いの?と問い詰められても「全部私が悪いから」と受け流すことも必要です。

涙は見せない

長い付き合いの彼と別れる為に話をしていたら、突然、彼が泣きだした、そんな経験を持つ女性も最近は増えています。昔の男性は人前で泣かない主義の人がほとんどでしたが、今の男性は感情が赴くままに涙を流す人もいます。そんな彼を見ても、あなたは絶対に涙を見せてはいけません。もらい泣きなんて以ての外です。

彼につられて涙を見せてしまえば、彼は「まだ俺に気持ちがある」と勘違いしてしまいます。また男性側の作戦で涙を誘って、どうにか分かれない方向へもって行こうとするパターンもあります。騙されてはいけません。

これは感情的にならないという部分にも重なります。別れ話をする時は、とにかく冷静な気持ちを保つようにしましょう。むしろ感情表現はいつもの半分以下で十分かもしれません。彼が泣きだしても「男のくせに情けない」と考えられるくらいの態度で、彼の涙には触れずそのまま冷静に話を続けましょう。

曖昧な態度を取らない

これから長い付き合いだった彼と別れるのに、いつまでも曖昧な態度を取るのは良くありません。例えば別れ話をすると決めた直前まで今までと変わりなく電話をしていたり、彼に「最近変じゃない?」と聞かれても「なんでもない」と誤魔化してしまう、こういったどっちつかずの態度は別れをこじらせます。

彼からしたら、「この前まで普通だったよね?」「俺のこと好きなの?嫌いなの?」と混乱させてしまいます。長い付き合いの彼を目の前にしたら、気持ちが揺らいでつい、曖昧な態度をとってしまうという女性も注意しましょう。

別れを決意したのであれば曖昧さはいりません。来るべき別れに向けて、一貫した態度と言葉で、彼を説得するつもりで挑むことが大切です。

別れの意志はハッキリと伝える

女性の中には彼を傷つけるのが忍びない、自分が悪者になるのはイヤ、といった気持ちから、別れ話をしているのに「本当に別れたいの?」という話し方をする場合があります。それでは男性には何も伝わりません。女性同士ならニュアンスや態度などから、言いたいことはだいたい伝わったりしますが、男性にはそんな能力はないのです。

別れたいのであれば自分が悪者になる覚悟で「あなたとはこれ以上付き合っていけません。さようなら」など、別れたいという意志をストレートに伝えましょう。案外ストレートに言われた方が、男性はすぐに納得して引いてくれる可能性があります。遠まわしに言っているうちは別れ話も進まないと考えましょう。

また「別れても友達ね」と繋がりを持とうとする女性もいますが、これもやめた方がよいですね。男性からすれば「また彼氏に戻れるかも」と期待させてしまいます。円満に別れるにはハッキリした態度と言葉で伝えるのが1番効果的です。

別れを告げたのであれば、一切の連絡を絶つ

長い付き合いの彼に別れを告げたら、その後は一切の連絡を絶ちましょう。しばらくは彼から連絡があるかもしれませんが、電話には基本的に出ないこと、メールは内容によって最低限必要なこと以外は返信をしないようにしましょう。別れ話をしてすぐの期間は、彼もまだあきらめがついていない可能性があります。

一晩経ったら考えが変わったかも?このまま別れるのはやっぱり寂しい、という気持ちも見え隠れしますが、一度、別れを告げた以上、変に同情すえるのは逆効果です。冷たい態度で悪者になる方が彼のためでもあります。

彼がどうにか理由をつけて会おうとしてきても、気づかないふりをして「もう会わない」というのを態度で意思表示しましょう。徹底した態度が彼に伝われば別れもスムーズに進められるでしょう。

 

最後に

長い付き合いの彼氏と別れる時の注意はいかがでしたか。あなたから別れ話をする以上、あなたが悪者になる覚悟でハッキリと別れを告げましょう。彼の感情を逆なでしない為には、別れ話をするまでの準備が大切です。別れを彼のせいにしたり、感情的にならないように、人の多い場所を選びましょう。別れ話をしたら、彼とは連絡を絶つのが正解です。このように付き合いが長いからこそ感情的になってしまう部分を上手に乗り越えることが必要です。

長い付き合いの彼氏と別れる時の8の注意

①彼を失っても本当に大丈夫?
②いきなり別れを切り出すのはタブー
③別れ話は人の多いところで
④彼の悪い点を指摘しない
⑤涙は見せない
⑥曖昧な態度を取らない
⑦別れの意志はハッキリと伝える
⑧別れを告げたのであれば、一切の連絡を絶つ


★あなたの好きな人は本当に運命の人?★

97%の人が当たっていると実感!その中でも恋愛運が女性から大人気!
片思い中の人も、今お付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知りたくないですか?

誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『奇跡のスピリチュアル診断』が大好評!運命の人は元彼かもしれないし、今付き合ってる人かもしれません。いつ、どこで出会えるのかも今なら『初回限定無料』で鑑定してもらえます。

⇒恋愛運が気になる方は、是非お試しを!⇐