前世を夢で見た時の特徴と、前世夢を見る意味とは?

自分が見た夢が、実は前世夢だったのでは?と思っている方へ。

スピリチュアルの世界では、魂は何度も生まれ変わりを繰り返していると考えられています。多くの過去世で蓄積された経験は魂の記憶として残り、今世の生活上にも影響を及ぼすこともあります。自分に覚えがないにもかかわらず、なぜか抜け出すことができない思い癖は、前世での経験が関係しているかもしれません。今世では不要な固定概念から解放される必要があるために、前世の夢を見ている可能性もあります。

本記事では、前世を夢で見た時の特徴と、前世夢を見る意味についてご紹介します。

 

前世を夢で見た時の特徴と、前世夢を見る意味とは?

 

①生活の注意を促すため

ひとりひとり経験する物事が異なるように、前世夢の現れ方も必ずこうなるという定型があるわけではありません。そんな中でも、何度も同じシーンの夢を見て、それがこれまで自分が見聞きしている経験の中に当てはまらない情景の場合には、前世夢の可能性もあります。

誰しも新たな物事をはじめるには、勇気や努力が必要であったりします。そのため、なんとなく生活してしまうと、慣れ親しんだ生活サイクルを送ることになります。その居心地の良い生活を選択したのは、前世でも同じようなことをしてきたためであったりします。今世では前世とは別の課題を持って生まれてきている人もいます。このままの生活を続けていると、前世と同じ失敗を繰り返し、魂の成長にならないケースも考えられます。そんな時に前世夢を見ることは、生活環境を見直す必要があるというメッセージであったりします。

②自分の適性を知らせるため

夢の中で、知らない人が何か一生懸命行っていて、なんとなくその人のしぐさや雰囲気が自分と重なる感じがある場合、前世の自分の姿を見ている前世夢の可能性もあります。

例えばこれから進むべき道に悩んでいるなど、進路に行き詰まっている状況になることもあります。そんな時に見る夢は、今後これから起こる転機や自分でもまだ気づいていない才能を知らせているケースもあります。前世でも得意であった物事を、もっと深く極めていくことを課題として今世に生まれてきている人もいます。そんな場合には、自分でも気づいていない才能を前世夢で見ることにより、これからの道が開けてくる場合があります。

③今世を自分の選択で生きるため

これまでそんな経験はないにもかかわらず、どこかに閉じ込められていたり、自由がないと感じたりする夢は、前世では自分の意思で選択できなかった境遇にあった前世夢の可能性もあります。

例えば、今世でも、彼に嫌われることが怖いために彼の言いなりになって自分の意思を抑制する生活を送っていたりすることがあります。結婚生活でも自立をしていないがために、パートナーに違和感を持っていたとしても、意見を言えずに過ごしていたりします。今世では、誰かの言いなりではなく、もっと自分の思う通りに生きて良いということ意味しています。守られるために人に合わせるのではなく、自分の意思で物事を選択していくべきというメッセージであったりします。

④今世の課題に気づくため

今世での魂の課題は人それぞれであるように、前世との関係も個々で異なっています。前世で経験しなかった新たな物事にトライしていく人や、前世で得意であった続きを極めていく人もいます。または、前世でうまくいかなかったことを今世で行っていく場合もあります。

今世で自分が経験したことがないにもかかわらず、同じ物事を何度も失敗してしまう夢の場合には、前世の経験を前世夢として見ている可能性もあります。

どうしてもうまくいかなかったという魂の記憶が残っているのかもしれません。今世でその物事をするかしないかは、今の自分に選択肢はあります。今世でしない選択をした課題は、来世に持ち越されるという考え方もあります。前世でうまくいかなかったことが、今世の課題である可能性もあるので、できる気がするワクワク感があるのであれば、トライしてみることをおすすめします。

⑤肉体と魂のずれを修正するため

日々の生活の中で、いつも元気で常にポジティブに過ごしていることはなかなかできるものではありません。魂だけの存在であれば可能かもしれませんが、生身の肉体をまとっているので、体調の悪い時や精神的に辛い出来事なども避けて通ることはできません。スピリチュアル的に自分のエネルギー能力を最大限発揮できるのは、肉体と魂が一致している時と考えられています。

自分の記憶にない景色の中で、知らない人が生活に追われ疲れているような夢は、前世の自分の姿の前世夢の可能性もあります。

今世の今の自分が忙しい現実から逃げたいと思っている時であったりします。自分らしい人生を生きるために、本当にやりたかった仕事はどんなものであったのか考え、今後の生き方を見直す時期にきていたりすることがあります。

⑥今世の恐怖心をなくすため

物心ついた時から苦手としているものがあるとしたら、前世の経験が関係していることもあります。人それぞれ、高い所、閉鎖的な場所、刃物の先端など怖い思いをした経験がないにもかかわらず、どうしても苦手なものは、前世の経験が深く魂の記憶となっていることもあります。

魂は何度も生まれ変わりを繰り返していると考えられているので、過去世では、いくつのも人生を送っていることになります。その中でも特に強い記憶になっているものがよみがえるように夢を見ることがあります。まるで本当に起こっているような五感で感じる夢であるのに、時代背景や国が異なっていたりする場合、前世夢の可能性もあります。

今世で起きたトラウマでない場合には、今の自分には関係のないことです。理由もわからず恐怖を感じている場合には、魂の記憶に縛られない生き方をする必要があることを知らせています。

⑦求めている家族像を知らせるため

自分自身が今世でこれまで育ってきた成育歴に満足し幸せを感じている人は問題がありませんが、なかなか完璧な家庭環境であったと思える人の方が少なかったりします。潜在意識の中にどこか不満を抱えていることもあります。

夢の中で、今世ではいない兄弟姉妹がいたり、親がいない子供時代であったりと家族構成や時代背景が異なる場合、前世夢の可能性もあります。

今世で家族に対して自分の思うことが言えていない場合や、なぜ家族に対して漠然とした不満が生まれるのかなどのヒントが隠れていることもあります。今世での家庭環境で、どうすれば幸せを感じる状況になれるのか、家庭を見直す時期にきていることを意味している場合もあります。そこから、いずれ自分で家庭を作った時に今世で本当に求めている姿が、前世夢を見ることで答え合わせのように発見できたりすることもあります。

⑧運命の人と出会うためのヒントを知らせるため

夢の中で、異なる時代背景や異国であったりする中で、姿は自分ではないのに、どこか行動の示し方などが自分と似ていると感じるリアルな夢の場合、前世夢の可能性もあります。

前世夢の中で経験した物事と今世での出来事とに、どこか共通点がある場合もあります。前世で今世にまた会うことを約束している魂同士の場合に、今世で出会った時にわかるサインを夢の中で見ることもあります。

その魂同士の約束の内容は、「出会いの場所」、「2人をつなげることになる出来事」、「服の模様の一部」などさまざまなケースがあります。はっきりとわかるようなヒントというよりは、謎解きのような形で現れることが多いので、前世夢を見てすぐにどんなことが起こるのか判断することは難しいかもしれません。それでもいずれ2人が会った時には、夢の意味が納得のいくものであったりします。不思議に感じる夢を見た時には、忘れる前にポイントだけでもメモしておくことをおすすめします。

 

最後に

前世夢はさまざまな形で現れその意味を解き明かすのは難しかったりしますが、あまり深く囚われる必要はありません。前世夢は過去に戻るために見るのではなく、今世を前進していくためのものです。たとえ前世にどんな辛いことがあったとしても、今をしっかり生きるようにという前世の自分からのメッセージです。意味もなく苦しくなることから解放され、なんとなく興味がある国に旅してみたり、ふと浮かんだ物事を試してみたりして、前世の経験をプラスに使い、幸せな今世を手にいれていくことが大切です。

前世を夢で見た時の特徴と、前世夢を見る意味とは?

  • ①生活の注意を促すため
  • ②自分の適性を知らせるため
  • ③今世を自分の選択で生きるため
  • ④今世の課題に気づくため
  • ⑤肉体と魂のずれを修正するため
  • ⑥今世の恐怖心をなくすため
  • ⑦求めている家族像を知らせるため
  • ⑧運命の人と出会うためのヒントを知らせるため

★あなたに訪れる運命の日を知る方法とは?

私たちの運命や人生は誕生日から導き出されると言われています。結ばれるべき運命の人も、適したお仕事や人間関係の作り方も、そして金運も、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

『恋と運命の真実』では、あなたが背負っている運命星から、幸せになる方法を読み解き、1000文字以上の鑑定結果メッセージで分かりやすく解説してくれます。しかも、今なら250名様限定で鑑定してもらえますよ。

幸運を知りたい方は、是非お試しください!