別れの予感を感じる彼氏の態度8パターン

別れの予感を感じる彼氏の態度8パターン
楽しく付き合い始めたはずの彼氏の様子がちょっとおかしいな、そんな風に感じたことはありませんか。体調が悪いのか?とか、仕事が忙しいのか?というありきたりな様子じゃないと感じる場合は、もしかすると別れの予感なのかもしれません。

今回は、そろそろあり得る、別れの予感を感じる彼氏の態度をまとめてみました。

 

別れの予感を感じる彼氏の態度8パターン

 

別れの予感①メールやLINEが減ったと感じる

今までマメにメールやLINEで連絡をくれていたのに、最近、連絡が減ってしまった、連絡が取れたとしても手短に済まされてしまう、そんなことが続く場合は別れの予感かもしれません。最低限の連絡があるならいいのですが、1日に1度も連絡がないのはおかしいです。どんなに忙しくてもメールのひとつは出来ますし、出来ないなら事前にそう伝えておくのが普通です。

これはあなたが何をしていようと気にならなくなったとも言えます。一緒に住んでいるわけではないのですから、連絡が減るのはちょっと様子を見るべきでしょう。

別れの予感②会う回数がどんどん減少

連絡が減るのと同時に起きやすいのが、会う機会がどんどん減るという現象です。今まで週末デートや1週間に2回はデートで会う機会があったのに、忙しいなどの理由で減り始め、気づいたら会えない日がどんどん増えているなんて場合は別れの予感かもしれません

。忙しいという理由が毎回同じ理由だったり、謝罪の言葉がない場合は彼はあなたに会えなくても平気なのだと推測できます。また、デートの約束をしていたのに、当日ドタキャンされる場合や、彼の都合の良い時だけ呼び出されるなども気持ちが冷めてきている可能性があります。

別れの予感③彼氏との会話が続かない

楽しいはずの彼氏とのデートで彼と会話は続いていますか。特に喧嘩や気まずくなる出来事はないのに、彼との会話が続かず沈黙ばかりの場合も別れの予感だと考えた方が良いでしょう。

話題が尽きてしまった場合もありますし、彼があなたの言葉に興味を持てなくなったとも考えられます。マンネリ化という場合もありますが、マンネリは悪い方向にいくと別れに繋がります。

冷静になって彼の様子を観察してみましょう。デートのさなかにスマホばかりみていませんか。そういった小さな変化から別れの予感は感じ取ることができます。

別れの予感④いつも機嫌が悪そう

せっかく一緒に過ごしているのに、彼氏の方はどこかイライラしているように見える、話しかけてもぶっきらぼうに返すだけ、そんな態度が見え始めたら、別れの予感かもしれません。

イライラしてあなたにあたるような場合は、あなたにイライラして会いたくない、と思っている可能性があります。あなたの行動、発言、下手すると存在そのものにイラっとしている場合もあります。

要するにあなたといても楽しくないのです。自分からは言えないけれど、自分の前から立ち去って欲しいと思っているかもしれません。そのジレンマが態度に出ているということなのです。

別れの予感⑤友達を優先することが増えた

彼氏をデートに誘っても、食事に誘ってもいつも友達との約束を優先されてしまう。初めからそんな人なら納得もできますが、そうでない場合は別れの予感かもしれません。

友達と遊ぶのは決していけないことではないですし、友達を大事にすることは大切なことです。しかし、これが毎回となると、彼女である意味がありませんよね。これはあなたと過ごすよりも友達と遊ぶ方が楽しいという気持ちの表れでもあります。

このような態度が目立つようになったら、あなたからも連絡を絶ってみましょう。彼からなんのアクションもないようであれば、彼はそろそろ別れを考えているのかもしれません。

別れの予感⑥言葉だけで済ませようとする

男性は女性ほど言葉が達者ではありません。また、言葉で説明するよりも身体が先に動いてしまう生き物です。そんな男性が言葉だけであなたを操ろうとするのであれば、別れの予感を疑った方が良いかもしれません。

例えば「今度○○に行こう」と約束したのに、一向に出かける気配がなかったり、「こういうところを直して欲しい」とお願いして彼はOKと言ったのに一向に改める兆しがなかったり…

口では調子の良いことを言って話を合わせているのに、それだけで行動に移さないのは結局、やりたくない、変えたくないと思っています。その裏にはあなたのために努力することが面倒になっているのです。こんな関係は悲しいですよね。

別れの予感⑦誕生日をスルーされる

付き合っている相手との記念日やお互いの誕生日などのイベントは女性にとっては大切にする人が多いですよね。さすがに付き合ってから1年、2年の記念などは多すぎですが、クリスマスやバレンタインなど恋人っぽいイベントはやはり、一緒に過ごしたいものです。

そんな中でも誕生日を忘れられるのは悲しいことです。付き合っている相手に対する1番特別な日になるはずなのに、その日を忘れられてしまうのは、もうあなたに全く興味がないと言っても良いでしょう。誕生日をスルーされ、特に彼から謝罪がない場合は別れの予感が大きいので少し距離を置いた方が良いかもしれません。

別れの予感⑧原因のはっきりしない喧嘩が増える

彼氏とのデートやメール、電話の中で喧嘩が多発するようになるのはちょっと危険です。しかもこれという原因がなく始まった喧嘩の場合はもっと危険度が上がります。

これは上記で述べたように彼の不機嫌からくる態度であったり、あなたの話に興味がない結果であったり、イベントを忘れていたりという些細なことであっても、根本的に彼があなたにウンザリしている結果だからです。それに喧嘩でもっと険悪なムードになれば、その勢いで彼が別れを切り出してくる可能性も低くはありません。

自分で原因を作っておいて、まるであなたも悪いかのように別れ話をしてくるのです。まずはあなたが冷静になって彼との話し合いをしていきましょう。

 

最後に

いかがでしたか。男性の別れの予感を感じさせる態度を書き出して見ましたが、すべての男性が同じとは限りません。元々、メールや電話が嫌いな人、イベントごとを覚えるのが苦手な人などその男性のタイプにもよります。しかしどこかおかしい態度というのは気付くものです。ここでの態度をヒントに冷静に観察してみてくださいね。

別れの予感を感じる彼氏の態度8パターン
①メールやLINEが減ったと感じる
②会う回数がどんどん減少
③彼氏との会話が続かない
④いつも機嫌が悪そう
⑤友達を優先することが増えた
⑥言葉だけで済ませようとする
⑦誕生日をスルーされる
⑧原因のはっきりしない喧嘩が増える

★あなたの悩みは解決しましたか?

解決しない悩みは、人に聞いてもらうと気持ちが安らぐだけでなく、自分では全く見えてなかった意外な事で解決方法が見えてくることもあります。

どうしても解決しない悩みがある方は、占い師の方に直接相談してみてはいかがでしょうか?「電話占いヴェルニ」では、あなたがわざわざ外出しなくとも、合格率3%の難関オーディションを通ったプロ占い師が、悩み解決の手助けをしてくれます。

その一歩があなたの人生に大きな変化をもたらすかもしれません。


⑥失恋・別れ
この記事のライター
nyanco

猫と写真が好きです。若い頃の恋愛は失敗だらけで振られまくりでした。「もう恋なんてしない!」と思った時期もありましたが、結局人は恋に落ちてしまうものなのですね。そんな私も彼氏が変わるたびに男の見る目や上手な恋愛の方法を学び、今では理想の彼と幸せな毎日です。私と同じ失敗が繰り返されないように、これまでの経験で得たことを提供できるような記事を書いていきます。

nyancoをフォローする
恋愛&結婚あれこれ