オーラが虹色の人が経験する恋愛とその注意点

オーラが虹色にバランス良く輝いている人は、高次元とつながりやすく、精神的にも肉体的にも整った状態を意味します。どんな人にも寛大な態度で接することができ、その場を明るい雰囲気で包んでくれます。カリスマ性を持っている人も多く、周囲に多くの人が集まってきます。

一方エネルギーバランスが崩れると、複数の色を保持しているため、不安定な精神状態になってしまう可能性もあります。

今回はオーラが虹色の人が経験する恋愛とその注意点についてご紹介します。

 

オーラが虹色の人が経験する恋愛とその注意点

 

①幼さが残っている

オーラが虹色の人は、寒色系も暖色系も持ち合わせているため、どんなタイプの人も、幸せオーラで包み込むことができます。その場にいる人達を明るくワクワクした楽しい雰囲気にしてくれます。

オーラが虹色の人は、夢と希望に満ちあふれているため、幼さが残っているように感じられる点は、注意が必要です。高次元とつながることができるため、普通にしていてもある程度は、思い通りに物事を進めていくことができます。

恋愛相手も同じタイプであれば問題ありませんが、ほとんどの人は、努力を重ねて行動しています。恋愛相手からは、子供のような夢ばかり語ってなんの努力もしない人と思われることがあります。物事の捉え方のギャップが生じる可能性もあることを理解しておきましょう。

②人により対応が異なる

オーラが虹色の人は、諸説ありますが、「紫色」「藍色」「青色」「緑色」「黄色」「橙色」「赤色」の7色を保持しているとされます。身体のエネルギーの代表的な出入り口である7つのチャクラの色でもあります。これらの色がバランス良く、輝いていることで、誰に対しても寛容な心で接することができます。

オーラが虹色の人は、相手のオーラ色に影響されやすい点は、注意が必要です。相手が持っているオーラと同じ色が自分の中に含まれていると、その色の影響が強く現れ、同調していくことがあります。

どんな人にも合わせることができることは長所ですが、恋愛相手からすると、自分に対する態度と、他の人に対する態度があまりにも異なると、不安を持つ可能性があります。どれが、本当の性格なのか、恋愛相手から責められることのないよう配慮が必要です。

③現実より夢を優先する

オーラが虹色の人は、自分だけでなく、周囲の人々も幸運へと導くことのできるエネルギーを持っています。そのため、多くの人々が最初から無理難題とあきらめていることでも、クリアする可能性があると考えます。

オーラが虹色の人は、現実より夢を優先する点は、注意が必要です。通常難しいと考えられていることでも、叶えてしまうパワーを持っているため、いつも自信があります。しかし、恋愛相手にとっては、遠い未来に叶うかどうかわからない不確かな物に今という時間を使うより、確実な現在の2人に必要なことをしたいと思い、理解されにくい場合があります。

夢を追いかけることはステキなことですが、目の前の恋愛相手との時間を充実させることも大切にしましょう。

④悩みを気づかれにくい

オーラが虹色の人は、やわらかい綿菓子のように、周囲を包み込み、マイナスのエネルギーをプラスに変換しようと、いつも一生懸命です。通常、人は多くの人の前では頑張った顔を保持して、一方では心の許せる相手の前では、愚痴を言ったり、悩みを聞いてもらったりして、バランスを保っています。

オーラが虹色の人は、誰の前でも明るく振舞ってしまうので、恋愛相手にも悩んでいることを気づかれにくい点は、注意が必要です。いつも元気なパワフルな人というラベリングをされてしまい、落ち込んだ姿などは人前では出しにくいタイプです。しかし恋愛相手の前くらいは、完璧ではない自分をさらけ出し、時には甘えることも必要です。

⑤不安定になりやすい

オーラが虹色の人は、7色の色がバランス良く発せられている時は、心身共に強いパワーを出すことができます。しかし生活していく上で、負のオーラの影響を受けたり、強いオーラの人に同調してしまったりすることもあります。

オーラが虹色の人は、多くの色を保持しているため不安定になりやすい点は注意が必要です。どの色もいつも同じように輝いているということは、とても難しいことです。恋愛相手には、その日によってまったく違う人のように思われる可能性もあります。そこでケンカなどに発展しないよう、恋愛相手には、その日の気分などをあらかじめ最初から話しておくと良いでしょう。

⑥形式を重んじる人とは相性が良くない

オーラが虹色の人は、高次元の世界とつながることにより、思いついたことは次々に現実のものとしていきます。固定概念に縛られないところから、新たな世界へ進んで行ける人です。

オーラが虹色の人は、恋愛相手が形式を重んじるタイプの人の場合は、注意が必要です。型にはまった事を重要視するタイプの人とはぶつかる可能性があります。自由な発想は伸ばすべき点なのですが、一方では、きちんと段取りをしていないいい加減な人と思われる可能性があります。衝突してしまわないように、お互いの考えを納得のいくまで話し合うようにしましょう。

⑦リーダー的存在の人とは相性が良くない

オーラが虹色の人は、社交的でコミュニケーション能力があるため、いつも周囲には、多くの人が集まっています。陽気な性格は、その場の雰囲気を居心地が良い空間にすることができます。

オーラが虹色の人は、リーダー的存在の人とは相性が良くない傾向にある点は、注意が必要です。自分では、相性が良くないと感じることはありませんが、リーダー的存在の人から見ると、一人でみんなの人気を集めてしまっていることが許せなかったりします。

2人きりでいる時は、良い雰囲気なのに、大人数でいる時は、恋愛相手の機嫌が悪くなるようであれば、そのようなタイプである可能性があります。うまく交際していくには、その点を理解し、人前では、恋愛相手を立てるような行動をとるようしましょう。

 

最後に

オーラが虹色の人は、ポジティブなエネルギーを発している人です。多様性のある気質は、ピンチをチャンスに変換するエネルギーを持っています。

バランス良く7つの色が現れることで、恋愛相手のオーラをより輝かせることができます。不安定なオーラの状態になった時、恋愛相手が変化を読み取ることが難しい面もあるので、積極的に言葉にして伝えるようにしましょう。

オーラが虹色の人が経験する恋愛とその注意点

①幼さが残っている
②人により対応が異なる
③現実より夢を優先する
④悩みを気づかれにくい
⑤不安定になりやすい
⑥形式を重んじる人とは相性が良くない
⑦リーダー的存在の人とは相性が良くない


★あなたの好きな人は本当に運命の人?★

97%の人が当たっていると実感!その中でも恋愛運が女性から大人気!
片思い中の人も、今お付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知りたくないですか?

あなたの心にそっと寄り添い、安心感を与えてくれる凄腕鑑定師が悩みの根本と解決策を見出してくれる『人生大吉』が大好評!いつ、どこで運命の人と出会えるのかも今なら『無料鑑定』してもらえます。

⇒恋愛運が気になる方は、是非お試しを!⇐