別居に至ってしまうスピリチュアルな意味とは?

家族 離婚 別居なぜ別居に至ってしまったのかスピリチュアルな意味を知りたい方へ。

お互いに望んで結婚したはずなのに、別居という形をとらなければいけないことになる場合もあります。魂の喜びを味わい、成長するためには、どんな選択をしたら良いのか悩み壁にぶつかることもあります。 

本記事では、別居に至ってしまうスピリチュアルな意味についてご紹介いたします。

別居のスピリチュアルな意味①2人の波動が変化し周波数が異なってきた

スピリチュアルの世界では、恋愛関係や結婚に至る時には、2人の波動から発せられる周波数の波長が同じような領域にあると考えられています。波長が合っている時には、お互い居心地が良い状態にあります。

例えるならば、2人が1つの風船の中にいるような状態のため、その中で意見が多少異なっても、違和感はありません。しかし、波長が異なってくると、それぞれが1つ1つの風船の中にいる状態のようになるため、お互いの違いがよく見えるようになります。

お互いの波長が大きく異なってきた

別居に至るには、その理由になる出来事があったはずです。浮気や金銭問題ではなく、意見の相違などからケンカが絶えなくなってきた場合の別居というものもあります。その場合には、結婚した頃と今では、お互いの波長が大きく異なってきたことが別居の1つの原因である可能性もあります。元の円満な夫婦に戻るには、異なってきた個々の周波数を理解し認め合うか、成長する未来につながるどちらかの周波数に合わせていくか選ぶ必要があります。

波長の法則とは何か?8つのポイントを解説
スピリチュアルの世界では、自分の身の回りに起こる出来事は、波長の法則が関係していると考えられています。不都合なこと、ピンチの時に助けられたなど、様々な出来事が、自分自身の波長が引き寄せた結果であったりします。今回は、波長の法則とは何か?について解説していきます。

別居のスピリチュアルな意味②逃避か卒業か確認する時間

スピリチュアルの世界では、結婚を貫き通すことが善で、別居や離婚は悪であるという概念はありません現世で遭遇する出来事の中で、どんな学び方ができたかが大切であると考えられています。初恋の人と結婚する魂もあれば、何人もの人と交際と別れを繰り返し結婚に至る魂もあります。

魂の逃避か卒業か

離婚を前提にした別居の場合には、魂の逃避か卒業かという観点から考える必要があります。お互いを理解しようとする努力をあきらめてしまった逃避としての選択である。または、すでに学びが終了したことによる卒業としての別れである。このどちらかを確認する時間として別居に至っている場合があります。

しっかりとした卒業としての結果であれば…

お互い納得のいくところまで、意見を伝え合った後、離婚という結果を選択するのであれば、魂レベルでは卒業という形になります。しっかりとした卒業としての結果であれば、新たな生活に移行したとしても、スムーズに進んでいくことができます。

別居のスピリチュアルな意味③自分自身を振り返る魂のクールダウンの時間

お互いわかり合えないような激しいケンカによる別居は、自分自身を振り返る魂のクールダウンの時間として必要であったりします。結婚当初は、恋愛時代の感覚がしばらくの期間残っているので、お互いにそう大きな努力をしなくてもうまくいきます。

しかし、結婚生活も落ち着いてくると、お互いの意識的努力が必要になります。スピリチュアルの世界では、恋愛は感性の学び、結婚はお互いの違いを認め合いながら、魂の課題をこなしていく関係であると考えられています。

恋愛と結婚の違い

恋愛は、お互いの良い所だけ見つめて過ごすこともできます。一方、結婚生活では愛情があって当たり前で、プラス頼んだことや気づいた物事を率先してやってくれることを望んでいきます。しかし、いつでも気持ち良く家庭内の物事をこなしていくことは、お互いに難しかったりします。言葉や気配りが足りなくて、2人の間にずれが生まれてくる場合もあります。

お互いわかり合える努力が必要 

別居という形で一度距離を置くことで、お互いわかり合える努力が必要であるという気づきが生まれれば、離婚には至ることはありません。何も言わなくても気持ちが通じ合えるわけではないということを、徐々に理解できるようになっていきます。

別居のスピリチュアルな意味④魂の役割が変化した別居

カップル 魂 融合 合体結婚に至った時には、お互いの魂が引き寄せ合い必要なエネルギーを与え合っている状態でした。スピリチュアル的観点から結婚生活は、魂の喜びと成長のために、物事を経験していきます。結婚当初と同じ環境で、ずっと過ごしていけるということはほとんどありません。引っ越しや転職、子育てや介護、家事の役割分担など、その都度臨機応変に自分を変化させなければいけません。

パワーバランスの均衡

そんな中での衝突から別居に至ることがあります。恋愛時代は、同等な立場で物事を見ることができるので、衝突も少なくてすみます。一方、結婚生活では、金銭問題、仕事時間と家事時間など、2人の間のパワーバランスの均衡が、起きた出来事により崩れていきます。すると愛情が薄れてくる原因や、もっとひどい場合には、DV被害というケースに発展していくこともあります。

彼氏や夫にDVをされるスピリチュアルな意味とは?
彼氏や夫にDVをされるスピリチュアルな意味を知りたい方へ。自分が至らないからDVを受けるのではありません。DVは正常な愛情関係ではありません。本記事では、彼氏や夫にDVをされる意味をスピリチュアルな観点からご紹介いたします。

変化に試行錯誤をしながら対応していくことが魂の学び

結婚は、さまざまな経験を通して、魂の役割も、2人だけの夫婦関係から、子供が生まれると父・母として、親が高齢になると介護する子供の立場など役割が変化していきます。その変化に試行錯誤をしながら対応していくことが魂の学びとなります。別居という形で、冷静になる時間も必要な場合もあります。しかしそうしても修正が不可能で、どちらかが、一方的に傷つくだけの状態が続くようでは、これ以上魂の成長がなされません。その場合には、離婚という選択も必要であるケースもあります。

別居のスピリチュアルな意味⑤マイナスの部分に偏っていた視点を正常に戻すため

変化のない結婚生活は、スピリチュアル的観点からは、幸せである形の1つとなります。しかし当時者の立場からは、大きな問題が起きていないのだから幸せであるという気づきは、なかなか生まれてくるものではありません。

平穏がゆえに些細なことが気になる

当たり前の日常に、嫌気がさして別居に至るケースもあります。平穏がゆえに、些細な物事が気になり出し、一緒にいるとイヤなところしか目につかなくなります。そんな時期の別居は、今後離婚か元に戻るのか判断する良い機会になります。

別居することで、当たり前にしてもらっていたことへの気づきが生まれた場合には、再び結婚生活を続けることができるでしょう。一緒にいる時には、マイナスの部分に偏っていた視点を正常に戻すことにつながります。

別居のスピリチュアルな意味⑥愛情の奪い合いから与え合う関係へとシフトするため

光 手 信頼 神 祈る 祈り魂 能力 学び魂の成長のためには、自己肯定感をしっかり持った上で、他者への愛情のエネルギーを与えることが大切であるという考え方があります。通常、恋愛関係の時には、与えることを中心に行動しています。例えば、どんなふうにすれば相手が喜んでくれるのかということを考え、サプライズのプレゼントなど、さまざまな努力をしていきます。

与える喜びから、奪うことにエネルギーを注ぐ

一方、結婚生活になると、相手が家庭のためにやってくれるのは当たり前という感覚に変化していきます。お互いにねぎらいの言葉などを、もっとかけてほしいというような不満が積み重なっていきます。いつの間にか、与える喜びから、奪うことにエネルギーを注ぐようになります。

別居により距離を置くことで修正する時間

パートナーの時間や愛情を奪うような形に変化してしまったものを、別居により距離を置くことで修正する時間になります。相手の感情は、自分の思うようにコントロ-ルできるものではありません。まずは自分の方から与える行動をし、与え合う関係へとシフトするために、別居に至るケースもあります。

別居のスピリチュアルな意味⑦未来にやってくる子供の魂が離婚を回避する時間を作っている

親子 子供 母親 子育て毎日一緒に過ごすことになる結婚生活では、日々の積み重ねの些細なことからケンカになってしまうこともあります。周囲から見るとそんな問題ではないのではと感じることでも、当人達は、どちらも折れることができずに、どんどん悪い方向に進んでしまう場合もあります。

子供のスピリチュアルな意味 

スピリチュアルの世界では、子供は親を選んで生まれてくるという考え方があります。もちろん授からないのは、子供に選ばれなかったからだというわけではありません。中には、別の使命があるため、今世では子供を持たない計画をしている魂もあります。

妊娠して子供を授かる事のスピリチュアルな意味とは?
子供を授かりたいという願いは誰でも叶うわけではありません。子供がほしいと思い不妊治療に通ったり、神様にお願いしたりしてもなかなか授からない場合もあります。今回は、妊娠して子供を授かるということのスピリチュアルな観点からの意味についてご紹介いたします。

子供の魂が冷静になる時間として別居に導いている

夫婦の間に生まれてこようとしている子供の魂が、離婚を回避するために、冷静になる時間として別居に導いているケースもあります。実際に、一度は離れてしまったけれど、その後復縁して子供を授かったというケースもよくあることです。

別居のスピリチュアルな意味⑧次のステップに進む転機が訪れた

女性 イメージチェンジ イメチェン 光 希望結婚生活が長い短いなどの期間にかかわらず、別居に至る場合があります。スピリチュアル的には、自分では変えることができない宿命の部分と、自分で選択していける運命の部分があると考えられています。その運命の部分は、ひとりひとりバイオリズムのようなものが存在しています。何をしてもうまくいかないような時期や、次々と環境が変化していく時期など。

次のステップに進む転機

別居に至ったということは、次のステップに進む転機が訪れたということも考えられます。その場合には、離婚するにしても泥沼の争いなどになることはありません。別居の時期は、それぞれの今後の生活が、スムーズに進んでいくことができるよう準備期間として使われます。この2人での学びが終了し、新たな学びのスタートとなります。

 

最後に


別居を選択した後に、元に戻るにしても、離婚を選択するにしても、一度は冷静に別居に至った意味を振り返ってみましょう。それぞれの魂は、自分自身の幸せを守ることと、周囲の人を幸せにするために生まれてきています。どちらの選択をするにしても、両者の自分らしさが認められる世界に身を置くことが大切です。未来は決まっているのではなく、自分で作り出すものであるということを忘れないように、自分自身を大切にしましょう。

別居に至ってしまうスピリチュアルな意味は…

  • ①2人の波動が変化し周波数が異なってきた
  • ②逃避か卒業か確認する時間
  • ③自分自身を振り返る魂のクールダウンの時間
  • ④魂の役割が変化した別居
  • ⑤マイナスの部分に偏っていた視点を正常に戻すため
  • ⑥愛情の奪い合いから与え合う関係へとシフトするため
  • ⑦未来にやってくる子供の魂が離婚を回避する時間を作っている
  • ⑧次のステップに進む転機が訪れた

ということでした。
以上、最後までご覧頂き、有難うございました。


★あなたの好きな人は本当に運命の人?★

97%の人が当たっていると実感!その中でも恋愛運が女性から大人気!
片思い中の人も、今お付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知りたくないですか?

あなたのオーラや誕生日などの情報をもとに導き出される『オーラ診断』が大好評!もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれませんし、いつ、どこで運命の人と出会えるのかも今なら≪初回無料≫鑑定してもらえます。

⇒あなたのこれからの運命がどうなるのか知りたい方は是非やってみて下さい。⇐


⑩結婚生活⑫離婚スピリチュアル
この記事のライター
Kasumisou-

幼少期は、数秒先から数日先の出来事を言葉に発することがあり、大人になってからは、別の場所で起こっている事を夢で見るなど、不思議な体験をしてきました。スピリチュアルな世界からの学びと、自分の経験とを結びつけるため、答え合わせの毎日を送っています。記事を読んでくださる方々の、幸せな未来へのお手伝いが少しでもできればと思っています。

Kasumisou-をフォローする
恋愛&結婚あれこれ