ソウルメイトとツインソウルの違いを分かりやすく解説

スピリチュアル的には、すべての魂が元は1つであり、その向上と浄化のために、いくつもの目的ごとのグループに分かれ、そこからまた個々の魂となり何度も生まれ変わりを繰り返しているという考え方があります。魂同士は、生まれ変わりの中で、親子・兄弟や、恋人や結婚相手、友人や恩人など、性別や関係性も変化して、何度も出会っています。

個々の魂に分かれた時にソウルメイトとツインソウルでは、役割や種類が異なっています。諸説ありますが、ソウルメイトは自分とは別の魂で、ツインソウルは自分の魂が2つに分かれたもう1人の自分という考え方が存在します。

今回は、ソウルメイトとツインソウルの違いを、恋愛対象としてめぐり会った場合について、ご紹介します。

 

ソウルメイトとツインソウルの違いを分かりやすく解説

 


①ソウルメイトとツインソウルでは魂の分類が異なる

ソウルメイトは、過去世でも何度も役割を変化させて会ったことがある、自分とは別の魂です。今世では恋人同士として出会う相手と、前世では子供の頃に離れ離れになってしまった親子関係にあったということも。または、いつも自分の失敗をホローしてくれるやさしい彼は、前世では自分が今の彼のピンチを救っていた親友であったということも。ソウルメイトは、そんな過去世の時に「来世でまた会おうね」と約束をしてきた魂のクラスメートの仲間のような関係です。

一方、ツインソウルは、1つの魂が2つに分かれたもう1人の自分自身です。ツインソウルとの出会いは奇跡的といわれています。1つの魂が2つに分かれる理由の1つとされているのは、2つに分かれた方がより多くの経験を通しての学びが得られるからと考えられています。ツインソウルとの恋愛は今まで経験したことのないマッチ感が味わえる反面、もう1人の自分自身のため、普段は見ることがない真実の自分を見つめることとなり、手放しの幸福感という状態ではありません。

②ソウルメイトとツインソウルでは今世で出会える確立が異なる

スピリチュアル的には、人は生まれてくる前に今世で行う大まかな予定表のようなものを作成して来るという考え方があります。1人ひとりの今世での目的達成のため、ソウルメイトはポイントごとに存在し現れ、同じ人が何度も助けてくれる場合もあれば、ほんのひと時だけの接点であるけれど、その後の人生に大きな影響力がある人も存在します。そういった点では、ソウルメイトは1人ではなく、個人によりその数は異なりますが、役割ごとに複数出会うことになっています。

一方、ツインソウルは、今世で出会えるかもしれないし、出会えないかもしれません。同じ次元の今世に生まれてくるとも限らず、異なる今世と来世に分かれて生まれてくることもあるといわれています。たとえ同じ今世に生まれたとしても、お互いが一定のレベルまで魂が向上・浄化された状態で、しかも社会的使命達成の時期が訪れた時に、出会いのステージが用意されることになります。そのため同じ今世に存在しているのにもかかわらず、年齢が離れていたり、生まれた国籍が異なっていたりして、環境が違い過ぎるため、めぐり会える確立が少なくなります。

③ソウルメイトとツインソウルでは役割が異なる

ソウルメイトの役割は、別々の魂同士のため、お互い影響し合える関係です。ほとんどの人は、今世に生まれて来る時に、どんな目的があったのかという記憶が失われた状態になります。しかし、ソウルメイトは過去世でも何度も会ったことのある関係なので、魂レベルではお互いどんな目的で今世に来たのか知っていて、「どこのポイントで登場し導き合おう」と約束をして来ています。そのため、ソウルメイトは、各個人の今世での目的の気づきを与えてくれたり、協力者であったり、ピンチを救ってくれたりする役割を担っています。

一方、ツインソウルは、1度に多くの学びが必要とされるため、1つの魂から1人として生まれてくるよりは、双子として生まれてきた方がより多くの経験を重ねることができます。ツインソウル同士が、お互い別々の学びを終えた後の出会いは、個人的な目的のためではなく、2人で成し遂げるべき社会的使命のため力を合わせて行う役割の時期が訪れたということになります。

④ソウルメイトとツインソウルでは出会った瞬間が異なる

通常、恋愛関係になるまでには、さまざまな出会い方が存在します。映画のような一瞬で恋に落ちるというシーンに憧れを持っている人は多いと思いますが、ソウルメイト同士の出会いは、そんな劇的という感じではない場合がほとんどです。お互いずっと前から知っているけれど、居心地良い雰囲気の人だなという程度の認識で、何かの転機にぐっと距離が縮まり恋愛関係になるというパターンも。また、情熱的な恋愛が相手の浮気などで一瞬にして崩壊してしまった時に現れ、そばで静かに過ごし、傷ついた心を癒してくれる相手がソウルメイトであったりします。

一方、ツインソウルとの出会いは、たとえ数百人の集団の中で出会ったとしても、一瞬でお互いに今まで経験したことのない感情が起こります。その感情の変化は、どちらか1人にではなく、2人同時に起こります。そのためツインソウルの場合は、片思いという出会いの仕方はありません。自分を理解してくれるこれ以上の人はいないという再会できた喜びと同時に、これから起こる試練に対する不安が入り混じった思いが存在することになります。

⑤ソウルメイトとツインソウルでは心の穏やかさに違いがある

ソウルメイト同士の恋愛は、心穏やかな時を共に過ごすことができます。過去世でも何度も立場を変化させ出会っているため、お互いの魂の本来持っている気質のようなものを十分理解し合うことができます。もちろん今世に生まれてきたということは、魂のどこかに未熟な部分が存在しています。そのためさまざまな障害も起こりますが、欠けた部分をお互い助け合い、協力者として切磋琢磨しながら過ごしていきます。

一方、ツインソウル同士の恋愛は、両思いの最高の相手であることは十分理解できているのに、静かな時を2人で過ごすというよりは、一体感と同時に未知の自分自身を認識することになる苦しさも味わうことになります。もう1人の自分自身を常に見つめることになるので、長所も短所も隠すことはできません。お互い取り繕うことができないため、衝突も起こります。しかしその衝突はマイナスの現象ではありません。これから、取り掛かることになる社会的使命の前に、お互いの魂の未熟な部分の向上と浄化を行いクリアにするためでもあります。

⑥ソウルメイトとツインソウルでは一体感が異なる

ソウルメイト同士の恋愛では、2つの別の魂が1つの物事を分かち合う感覚です。恋愛関係は、ロマンチックではないかもしれませんが、何もかも認め合えて落ち着ける熟年夫婦のような感じの安定感があります。

一方、ツインソウル同士では、元は1つの魂のため、心も身体も他の魂にはない一体感があります。離れていても、もう1人の自分自身であるため言葉や時空を超えて、相手の思考や痛みをそのまま感じることになるテレパシーのようなものでつながっています。一見考えを言葉にしなくても通じるのであれば便利なように感じますが、実際は感情がストレートに衝突することになるので、不都合さも伴います。

元は1つの魂のため一体感が感じられる反面、2つに分かれ全く別々の経験を出会う以前にしてきているため、表面上は理解できない部分も存在します。そこで現状の苦しさに飲み込まれてしまわないようにすることが大切です。多くの学びを持ち寄り魂の向上がなされた後には、誰よりも浄化された魂になり、ツインソウルの2人に課せられた社会的使命の達成のためであるという「未来への気づき」が重要となります。


 

最後に

自分がこれからどんな恋愛をするのか、楽しみでもあり不安でもあるかと思います。その未来のヒントを与えてくれる役割がソウルメイトでもあります。長く付き合うことになる相手や、ほんのひと時だけ一緒に過ごすことになる相手など、魂の成長に合わせて過去世でも出会ったことのあるソウルメイトが登場します。今度はどんなソウルメイトに出会えるのか、どんどん前を向いて進んでいきましょう。穏やかに自分を見守ってくれるソウルメイトは誰にでも存在していて、自分らしく過ごしていれば、必ず出会えることになっています。

一方、奇跡的なツインソウルとの出会いを夢見ることもステキなことだと思います。自分と周囲の人の幸せのために、前向きに行動を起こしていけば、自然と魂が向上・浄化され、ツインソウルとの出会いのステージにたどりつける日がやってくるかもしれません。

ソウルメイトとツインソウルの違いを分かりやすく解説

①ソウルメイトとツインソウルでは魂の分類が異なる
②ソウルメイトとツインソウルでは今世で出会える確立が異なる
③ソウルメイトとツインソウルでは役割が異なる
④ソウルメイトとツインソウルでは出会った瞬間が異なる
⑤ソウルメイトとツインソウルでは心の穏やかさに違いがある
⑥ソウルメイトとツインソウルでは一体感が異なる


★あなたの好きな人は本当に運命の人?★

97%の人が当たっていると実感!その中でも恋愛運が女性から大人気!
片思い中の人も、今お付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知りたくないですか?

誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『神言鑑定』が大好評!運命の人は元彼かもしれないし、今付き合ってる人かもしれません。いつ、どこで出会えるのかも今なら『初回限定無料』で鑑定してもらえます。

⇒恋愛運が気になる方は、是非お試しを!⇐