なぜ報われない片思いをするのかスピリチュアル的に解説

なぜ報われない片思いをするのかスピリチュアル的に解説恋愛は魂を成長させ、さまざまな感性を磨くことができる大切な学びの1つです。学びが必要な相手であれば、結婚に至ったり、別れることになっても、円満な別れ方ができたりします。

失敗を恐れずトライすることは大切なことですが、報われない恋愛ばかり繰り返すようであれば、一度立ち止まり内観する必要があります。本当に自分にとって大切な相手ではなく、今世や過去世の魂の歪みにより引き寄せてしまった結果である可能性もあります。今回は、なぜ報われない片思いをするのかスピリチュアル的に解説します。

 

なぜ報われない片思いをするのかスピリチュアル的に解説

 

片思いをスピリチュアルで解説①思い込みの波長が報われない恋愛を引き寄せる

世の中のすべてのものは、それぞれの振動数を持っています。スピリチュアルの世界には、波長の法則というものが存在していると考えられています。見えない心のエネルギーからも波動が発せられ、その周波数は同じような波長の良い事も悪いことも引き寄せていきます。

いつも報われることのない片思いばかりしているのは、単に偶然ではなく、自分の波長がそんな恋愛を引き寄せてしまった結果である可能性もあります。今世の今の思いがその波長を作り出しています。しかし、その思いは今作られたものだけではなく、これまでの生活の経験値や、もっとさかのぼると過去世から続いている思いが関係している場合もあります。

報われない恋愛をしている状態であるなら、今の自分がそのような波動になっているということです。不幸を引き寄せてしまう波動を作り出している原因がどこにあるのか気づくことで、幸せな恋愛を引き寄せる方に転換することができます。

片思いをスピリチュアルで解説②愛されなかった記憶

今世か過去世で、愛されるべき人から愛情を受けることができなかった経験がある場合、その記憶が潜在意識の中に刻まれていると、報われない恋愛を選択しやすくなる傾向があります。

例えば、誰でも、幼い頃などは家庭の中で、両親や兄弟姉妹、祖父母などに、無条件で愛されて当然の時期が存在します。そんな時に、愛情をかけてもらえなかったり、いつも叱咤される環境にあったりすると、自分の存在を認める力が弱くなってしまうことがあります。好きになった人達すべてと両思いになるとは限りませんが、なぜか報われない片思いの恋ばかりをしているのであれば、潜在意識の中に「自分は愛されるはずがない」という思いが刻まれているのかもしれません。その思いが幸せな恋愛を選択することを拒んでいる可能性もあります。

これまでの愛されなかった過去とこれからの恋愛は別物です。寂しさをプラスの波動に変換して幸福を掴んでいきましょう。

片思いをスピリチュアルで解説③自分に対するコンプレックス

今世か過去世で、容姿や性格など自分自身に対するコンプレックスが強すぎると、肉体と魂のずれが生じ、本来の自分が発するプラスの波動ではなく、マイナス要素の波動に変化してしまうことがあります。報われることのない恋愛を無意識のうちに引き寄せてしまっている可能性があります。

人それぞれ個性があり、その特性を生かした幸せを掴むチャンスは、すべての人に与えられています。しかし、常に自分のことが好きになれない曇ったフィルターがかかっていると、幸せのチャンスを見逃してしまいます。

スピリチュアルの世界では、魂の優劣はありません。今世で与えられた環境の中から、プラスの変化を起こすことにより、たくさんの感動を味わうために生まれてきています。恋愛で失敗することは、魂の経験を積むために必要な場合もありますが、自分の恋愛すべてが報われないままで仕方がないというわけではありません。これまでの経験を活かし、自分らしい恋愛を掴みとることが必ずできると信じて、波動を高めていきましょう。

片思いをスピリチュアルで解説④人ではなく愛だけを求めている

今世か過去世で、依存心が強い傾向の魂の癖が存在していると、報われない恋愛を選んでしまう可能性があります。尊敬できるからといった相手の魅力を基準にして恋愛をしているのではなく、自分を愛してくれるからというところから選んでいると、不倫関係など報われない恋愛を選択してしまうことがあります。結局は都合の良い相手としての地位しか得られずに、最終的に結ばれることはなく、どんなに好きになっても、実際は片思いと同じ結果になってしまいます。

そういった場合は、潜在意識の中では、恋愛相手を好きになっているのではなく、自分に降り注ぐ愛情を求めている状態です。恋愛関係で愛情を受け取ることは当然のことで、悪いことではありませんが、相手に依存し過ぎると、長く関係を続けることは難しくなります。

必要以上に愛情を求めてしまうのには、自分で自分を認めることができず、「どうせ自分なんて」という気持ちが魂に刻まれていたりします。まずは、自分を好きになり認めてあげられるようになることで、相思相愛の恋愛を引き寄せやすくなってきます。

片思いをスピリチュアルで解説⑤人の目ばかり気になる

今世か過去世で、自分の気持ちより、まず周囲の人からどう見られているかが気になり過ぎる生活を送っていると、報われない恋愛を選んでしまう可能性があります。本当に自分に合う人を選ぶのではなく、外見や学歴、職業など、周囲の人から高評価が得られるような目線で恋愛相手を探してしまいます。

もちろん、恋愛相手の条件は良いに越したことはありませんが、魂レベルの目線では、周囲の評価ではなく、自分自身に合った相手かどうかが本当の恋愛相手としての必要条件です。今世出会う人とは、お互いに魂の成長と浄化のために、関係性を持っていきます。自分の学びに必要な、幸せを共有できる相手は必ず存在しています。自分の気質やこれからトライしたい事など、本当の姿を内観することで、両思いになれる恋愛相手を引き寄せることにつながっていきます。

片思いをスピリチュアルで解説⑥自分の心の中にある傲慢さ

今世か過去世で、自分の心の中に傲慢さが潜んでいると、報われない恋愛を選んでしまう可能性があります。人の心のバランスはとても難しいもので、あまり自信がなさ過ぎるのもよくありませんが、自信満々で向こう見ずな傲慢さがあると、恋愛にも障害が現れてきます。

不倫関係に陥る時の心情のパターンの1つに、傲慢な心が関係している場合があります。報われない状況にあるのにもかかわらず、その関係を続けていられる理由の1つに、不倫相手の奥さんより自分の方が愛されているという自信が潜在意識の中に存在していたりします。自分に自信を持つことは大切ですが、歪んだ形で現れてしまうと、波動の低い世界から抜け出せなくなってしまいます。自分自身の長所を生かす場所や認めてくれる人は別の場所に存在しています。本当の幸せを求めて軌道修正していきましょう。

 

最後に

報われない片思いにつながってしまう原因には、今世、過去世からの魂の記憶が関係していることもあります。さまざまな理由から、好きになった人の本当の姿を見る目が曇っていたりして、都合の良いフィルター越しの恋愛に縛られている可能性もあります。まずは、自分が幸せになることを許可することが大切です。本来の自分自身を取り戻すことができたなら、発せられるオーラも輝きを増し、ベストな恋愛相手を引き寄せる波動に変化していきます。

なぜ報われない片思いをするのかスピリチュアル的に解説

①思い込みの波長が報われない恋愛を引き寄せる
②愛されなかった記憶
③自分に対するコンプレックス
④人ではなく愛だけを求めている
⑤人の目ばかり気になる
⑥自分の心の中にある傲慢さ


★あなたの悩みは解決しましたか?

解決しない悩みは、人に聞いてもらうと気持ちが安らぐだけでなく、自分では全く見えてなかった意外な事で解決方法が見えてくることもあります。

どうしても解決しない悩みがある方は、占い師の方に直接相談してみてはいかがでしょうか?「電話占いヴェルニ」では、あなたがわざわざ外出しなくとも、合格率3%の難関オーディションを通ったプロ占い師が、悩み解決の手助けをしてくれます。

その一歩があなたの人生に大きな変化をもたらすかもしれません。


③アプローチ⑥失恋・別れ
この記事のライター
Kasumisou-

幼少期は、数秒先から数日先の出来事を言葉に発することがあり、大人になってからは、別の場所で起こっている事を夢で見るなど、不思議な体験をしてきました。スピリチュアルな世界からの学びと、自分の経験とを結びつけるため、答え合わせの毎日を送っています。記事を読んでくださる方々の、幸せな未来へのお手伝いが少しでもできればと思っています。

Kasumisou-をフォローする
恋愛&結婚あれこれ