好きになる人には、スピリチュアル的にどんな意味があるのか?

好きになる人とのスピリチュアル的な関係を知りたい方へ。

たくさんの出会いがある中で、ひとりの人を好きになる時には、理屈ではない心惹かれる何かが存在しています。好きになる人との関係には、偶然ではない過去世からの自分自身の行いや、今の自分の波長などそれぞれの意味が存在しています。

本記事では、好きになる人には、スピリチュアル的にどんな意味があるのか?についてご紹介いたします。

①陰と陽のような関係

恋愛関係になる人同士の中には、陰と陽のような関係があります。自分にあまり自信を持つことができない人は、自分とは異なった部分を持った人を好きになる傾向があります。

好きになる人との関係は、陰と陽のような別々の気質の魂である場合があります。

スピリチュアルの世界では、光と影のような異なる2つの物が1つになり構成されている物事があると考えられています。人間関係でも、正反対と感じる相手とうまく関係を築いていく人もいます。自分の持っていない所を補い合えるため、お互いを尊敬し合えればうまくいきます。相手に自分のすべてを、同じ基準で理解してもらおうと無理を強要しないようにしましょう。

②双子のような関係

恋愛関係になる人同士の中には、双子のような関係があります。自分のことを卑下してみることなく、ありのままの自分を認められている人は、自分と同じようなタイプの人を好きになる傾向があります。

好きになる人との関係は、双子のような同じ気質の魂である場合があります。

自分のやりたいことがはっきりしているタイプの人は、自分と同じペースで物事を進めてくれる自分と似ている人を好きになることがあります。スピリチュアルの世界では、双子のような関係の中には、同じ方向を目指して進んで行く役割だけでなく、鏡の意味も存在しています。自分では気づくことができない長所や短所を相手の姿を通して見つめることになります。物事がうまくいっている時にはどんなカップルより速く進むことができます。

一方、うまくいかない時期には、同じ思考の2人だけでは壁にぶつかることもあるので、第三者の意見も取り入れることも大切です。

③カルマメイトの相手

恋愛関係になる人同士の中には、カルマメイトの関係があります。スピリチュアルの世界では、魂は何度も生まれ変わりを繰り返していると考えられています。前世で起こった出来事のカルマの解消のために、今世で好きな人として出会うことがあります。

好きになる人との関係は、カルマメイトとして前世から持ち越したお互いの未熟な部分をやり直す相手として、出会う場合があります。
前世でも恋人同士だったかどうかを確認する8の方法

スピリチュアルの世界では、自分のしたことの良いことも悪いこともいずれ自分に返ってくるという「カルマの法則」というものがあると考えられています。カルマメイトとは、前世から、なんらかのマイナスのエネルギーを持ち続けている相手のことを言います。恋愛は両者が完璧に満足できる状態を保つことは難しいものです。未熟な魂同士の感性の成長のために、恋愛はあります。お互いに至らないところがあるのは仕方がないと、気持ちが浄化されていればカルマメイトになることはありません。

④前世からのトラウマを克服してくれる相手

恋愛関係になる人同士の中には、前世からのトラウマを克服してくれる関係があります。今世で思い当たる経験もないにもかかわらず、なぜか苦手であったり怖いと感じてしまったりするものの中には、前世の経験からくるトラウマの可能性もあります。

好きになる人との関係は、前世からのトラウマを一緒に克服してくれる相手として出会うことがあります。
過去の恋愛のトラウマを克服して幸せになる為の8のこと

スピリチュアルの世界では、生まれ変わるたびに肉体は変化しますが、魂に刻まれた記憶の部分は持ち越されると考えらえています。もちろん前世の記憶を思い出せる人はあまりいません。そんな中でも理由もわからずなんとなく好きなことや、どうしても受け入れられないことなどは、前世の経験が関係していることもあります。自分では原因もわからないトラウマを克服するために、寄り添ってくれる相手を好きになることがあります。

⑤今世のトラウマの逆映しの相手

恋愛関係になる人同士の中には、今世のトラウマの逆映しの関係があります。これまで自分はこんなことで苦労したから、その点で苦労しない人という基準で惹かれ好きになることがあります。

好きになる人との関係は、今世のトラウマの逆映しの相手として出会うことがあります。

例えば、これまでお金に苦労した生活を送ってきたので、お金持ちの人を好きになるとします。しかしその気持ちはその人が好きという肯定的な感情からではなく、否定の気持ちから生まれた気持ちのため、その恋愛はいずれ破綻することになります。苦痛から逃げるために、トラウマの逆映しの相手として、恋愛相手を選ぶのは、スピリチュアルな観点からは、あまり好ましくないと考えられています。

⑥今の自分にとって都合の良い相手

恋愛関係になる人同士の中には、今の自分にとって都合の良い関係があります。スピリチュアルの世界には、「波長の法則」というものがあります。すべてのものに存在する波動から発せられる周波数の波長は、同じような波長のものを引き寄せると考えられています。

好きになる人との関係は、今の自分にとって都合の良い相手として出会うことがあります。

人の波長も喜怒哀楽の感情や行動によって、その都度変化しています。落ち込んで自暴自棄になっている時には、同じようにマイナスの波長を持った相手を心地良いと感じ引き寄せていきます。その場を満たしてくれる都合の良い相手は、今の波長が引き寄せた相手であることがあります。そんな時に好きになった人を、運命の人としてのめり込んでいかないように注意が必要です。

⑦前世で結ばれなかった相手

恋愛関係になる人同士の中には、前世で結ばれなかった関係があります。

スピリチュアルの世界では、前世でお互い好きの気持ちがあったけれど、家の事情や時代背景などで、結ばれることのなかった相手と、今世で出会うこともあると考えられています。

好きになる人との関係は、前世で結ばれなかった相手として出会うことがあります。

出会った瞬間に懐かしい感覚や、せつなく一緒にいたいという感覚など、前世の別れた状況によっても、さまざまな気持ちのパターンが考えられます。今世で2人は結ばれることもありますが、お互いに今世には今世の課題というものを持っています。結ばれることはなくても、再び出会えた安堵感は、それぞれの課題を行うエネルギーとなっていきます。

今世を幸福にする為に自分の前世を知る方法6選

⑧今世の課題をクリアする相手

恋愛関係になる人同士の中には、今世の課題をクリアする関係があります。スピリチュアルの世界では、それぞれの人は、今世での自分なりの課題というものを持って生まれてくると考えられています。

好きになる人との関係は、今世の課題をクリアする相手として出会うことがあります。

もちろん誰もが、今世で幸せになるために生きていくことは当然のことです。そんな中で魂の未熟な部分を成長させるためにも、さまざまなことに挑戦していきます。好きになる人の中には、今世での課題を達成するためのパートナーとして出会う場合があります。その場合には、お互いの問題点はすでにクリアして、一定の魂レベルに達している必要があります。その上で、将来2人で協力しながら、社会的使命を担っていくことがあります。

 

最後に

ここまでの長文をお読み頂き、有難うございます。
好きになるということは、心が動くということです。心が動くには、そこには何らかの意味が存在しています。好きになる人は、気づきを与えてくれる相手であったり、一緒に頑張る相手であったりします。スピリチュアル的観点からの好きになる人との出会いは、前世からの経験も含めた自分の魂と向き合う大切な機会としての捉え方もできます。

好きになる人のスピリチュアル的な意味は…

  • ①陰と陽のような関係
  • ②双子のような関係
  • ③カルマメイトの相手
  • ④前世からのトラウマを克服してくれる相手
  • ⑤今世のトラウマの逆映しの相手
  • ⑥今の自分にとって都合の良い相手
  • ⑦前世で結ばれなかった相手
  • ⑧今世の課題をクリアする相手

ということでした。
以上、最後までご覧頂き、有難うございました。


★あなたに訪れる運命の日を知る方法とは?

私たちの運命や人生は誕生日から導き出されると言われています。結ばれるべき運命の人も、適したお仕事や人間関係の作り方も、そして金運も、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

『恋と運命の真実』では、あなたが背負っている運命星から、幸せになる方法を読み解き、1000文字以上の鑑定結果メッセージで分かりやすく解説してくれます。しかも、今なら250名様限定で鑑定してもらえますよ。

幸運を知りたい方は、是非お試しください!